雑誌

「みずず」2017年1・2月合併号「読書アンケート特集」

年末に各誌で発表される「年間ベスト」。 その末尾を締めるのは、みすず書房が発行するPR誌「みすず」の「読書アンケート特集号」。今号では146名の方が5冊以内という規定の中で選んでいます。 「本の雑誌」や「ダ・ヴィンチ」などの直木賞っぽいエンタメ小…

最近の『テレビブロス』から

雑誌の売り上げが下がっているようですね。でも、雑誌、読んだほうがいいと思います。 最近ローンチされた『文春オンライン』は「週刊文春のスクープ記事が読める」ことを売りのひとつにしていますけれど、文春オンラインに転載されない記事は連載を中心にた…

定期購読している雑誌、2017年1月の。

2015年5月29日に「定期購読している雑誌は14誌あります。」というブログを書きました。書いてから1年半が過ぎました。 2017年1月現在で毎号購入している雑誌と新聞は以下の10誌(紙)です。 15年5月に比べると少し減りました。雑誌不況と言われているらしい…

『本の雑誌』2016年1月号

定期購読している『本の雑誌』で、毎号読む連載の1つが「坪内祐三の読書日記」です。2016年1月号に「10月3日(土)あさって締め切りの『新潮45』の原稿書き始める前に」とあり、『新潮45』はノーマークであったと後悔しました。 早速『新潮45』の…

音楽を言葉で伝えるということ。

週刊SPA。酷いレビュー。何度読んでも対象の音が聴こえてこない。 — 石井恵梨子 (@Ishiieriko) 2015, 6月 9 twitter.com 石井恵梨子さんのツイートを見て「誰だよ、しょぼいレビュー書いたのは?」と思い、「週刊SPA!」を買いました。 **********…

定期購読している雑誌は14誌あります。

最初に編集長に言われました。「スクープ記事には、新規の読者を呼び込む役目がある。連載には、そうして連れてきた読者をつなぎ止める役割がある」と。 『週刊文春』編集部 長谷川恭平 (『pen』14年12月1日号) ********************…

「ニャ夢ウェイ」を終わらせた「ロッキング・オン・ジャパン」

「音楽雑誌を熟読していくと、このインタビューはいい、これはそうでもない、このレビューは刺さるけどこっちは何も感じない、ではこれを書いた人は誰なのか......と興味の矛先が書き手に向かうんですね。最初はミュージシャンの声を知りたくて読んでいたの…

平野太呂「ボクと先輩」

雑誌「POPEYE」(マガジンハウス)は12年5月発売の6月号からリニューアルしました。 リニューアル号からはじまった平野太呂さんによる「ボクと先輩」という連載が、3周年(36回)の15年5月号で最終回を迎えていました。 平野太呂さんといえば、大原…

「KAMINOGE」というプロレスの雑誌

樋口穀宏、田村淳、壇蜜、宮藤官九郎×伊賀大介、麻美ゆま、サイプレス上野、幅允孝、九龍ジョー、イーピャオ&小山ゆうじろう(『とんかつDJアゲ太郎』)という方々のロング・インタヴューが読める「プロレス雑誌」があります。 『KAMINOGE』というプロレス…

やけのはら「文化水流探訪記」

雑誌「POPEYE」(マガジンハウス)は2012年6月号からリニューアルしました。 リニューアルの数号前、松尾スズキさんの小特集目当てで購入した号(12年3月号)の表紙は小栗旬でした。リニューアル後に表紙を飾った日本人は小松菜奈さんのみ(1…