読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDショップへ行こう

 4月20日にリリースされたスカート『CALL』とD.A.N.『D.A.N.』。今年の注目作である2枚を18日か19日ころになってTOWER RECORDS ONLINEへ注文しようとしたら、両作とも「特典終了」という記載。

 そう、新譜CDには、ステッカーやクリアファイルなどの特典が付くことがあります。その特典欲しさがあるから、配信ではなくて、フィジカルで音楽を入手しています。今回、『CALL』にはデモCD、『D.A.N.』にはステッカーが特典として用意されていました。

 しかしながら、ネットのスピード感についていけず、注文しようとしたときには「特典終了」、、、。入手し損ねるのはよくあることです。

 特典が付かないのなら慌てて買う必要はないし、今月買った蓮沼執太『メロディーズ』やGRAPEVIN『BABEL,BABEL』、THE LAST SHADOW PUPPETS『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』など聴くCDは何枚かあるし、ということでネットでの購入を見送りました。

 見送ったと思ったのも束の間、23日に新潟市の先まで遊びに行き、帰りの道中でイオン内にある「TOWER RECORDS新潟店」へ寄りました。

 「特典なくてもともと」と思いつつ『CALL』と『D.A.N.』を手にしてから店内をウロウロしました。

 フジロッ久(仮)『超ライブ』はあるかな?と探したけれどインディーコーナーにもメジャーコーナーにもなくてあきらめました。インディー・パンクのコーナーだったのかもしれません。

 お目当てのフジロッ久(仮)は見つからなかったので、HIP HOPのコーナーへ。すると5lackと書かれた手描きのジャケット。あわててスマホで調べれば、20日にリリースされたばかりの5lack x Aaron Choulai『UNFOUNDED』という作品であることが分かりました。

 HIP HOPを紹介しているサイトAmebreakを定期的に確認すればリリース情報を知れるのですが、定期的にアクセスしていないためリリース後にアクセスしてインタビューを読む程度。そのおかげで、店頭での発見には大いなる驚きがありました。

 CDショップには欲しいCDがすべてあるわけではないけれど、欲しいCDが決まっているならネットで買えばいいのです。リリースを知れば欲しくなるCDを求めてCDショップへ通います。

 「何かお探しの商品はありますか?」と気取ったセレクトショップ店員には聞かれるけれど、私の欲しくなる商品を勧めてくれ、と思いますね。

 購入した『CALL』と『D.A.N.』には、それぞれ特典を付けてもらえました。

 CDショップへ行こう!