あかり、育つ(17年8月14日~)

8月14日(月)

「あかり」の予防接種が午後にあるため、1日休む。

9時15分、妻の実家を出て、病院へ。翌日からの点滴や治療のために早めの注射が必要ということで、いつもより早く行く。

注射後、予防接種の用紙を忘れたので実家へ取りに行く。

その後、妻の実家に戻り、再度病院へ行くまで少し休んだり荷物を積み込んだりする。

13時少し過ぎて診察券を機械に通し、小児科の診察室へ行く。

毎週月曜日が予防接種の日になっているようで、専用の受付スペースが仮設でできていた。体温測ったり、「ロタ」用の用紙を記入していると「あかり」が泣き出してしまう。

よく泣くんだなと笑ってしまう。

泣いた「あかり」を抱えながら用紙を記入しようとすると近くにいたお母さんとか、病院の人から「抱いていましょうか」と声を掛けてもらう。ちょっと照れたのでやんわりと断り、泣く「あかり」を抱えて人の少ないスペースへ行く。

オムツを換えて、しばらく歩いていたらようやく泣きやんだので持参した「もう生まれたくない」の続きを読む。

注射3種を3回打ち、ロタを経口摂取して終了。刺されるたびに泣いていた。

妻の病室に寄ってパンを食べてから帰宅。

帰宅後は母親に面倒を見てもらった。泣き出した後にミルクをあげた後に排便がある。昨日して今日も、という2日連続。

その後、再びギャン泣きをはじめた。ミルクをあげても収まらないので、入浴させることにした。

入浴後は24時くらいまで寝ていた。いつもなら朝まで寝るのだが、24時くらいで起こされてミルクをあげる。

「待ってて」が通じなくてつらい。本人にとっては生死に関わることだから仕方ないけれど、作り置きしておくわけにもいかないから辛い。

 

8月15日(火)

17時45分 帰宅

18時25分 沐浴

18時33分 ベビーローションの塗布、着衣

18時40分 ミルク+鉄

20時00分 寝つきが悪く、20時になってようやく眠った

24時頃  ミルク100

翌 5時頃 ミルク100+鉄


見たり読んだりしたもの

津村記久子「ディス・イズ・ザ・デイ」篠村兄弟の恩寵(朝日新聞/5週分)
ひよっこ 8月15日放送回
・ドキュメンタル3 第3話
・フリースタイル・ダンジョン 8月15日放送回

この4つは、どれも素晴らしかった。

「フリースタイル・ダンジョン」の新モンスターが輪入道とFORKであることが明かされた。呂布カルマとFORKは毎回見たいので、初戦で交互に登場してください。どうせ般若前の3戦目か4戦目なんだろうけどな!

Twitterで誰かも言ってたけど、Lilyさんが「輪入道は相手をディスるだけじゃなくてアンサーを言う間を与えていた」と久しぶりに的確なコメントをしていた。

FORKがなかなかクリティカルで勝てないのは、言ってる内容が高度すぎるせいだろうと思う。文字起こしして、こことここが押韻(or 脚韻)でと検証する場があれば毎回クリティカルだろうに。実際、今回の対戦でも何がどうすごいのか説明しろと言われれば、ちょっと見返す時間を貰いたい。メロウ・アキラ。

踏まないを基本にした呂布カルマは審査しやすいだろうけど、LilyさんにFORKを的確に審査できるとは思えない!Lilyさんの審査は「?」のことが多いけど、降りるのは寂しいから、ちゃんと過去の放送を見返して勉強してください。

ふと思ったんだけど、相手を打ち負かそうとするから大変なんであって、勝ち負けとは別次元のところに向かっていくくらいの方が良いんじゃないかな?
たとえば、相手を褒める所から入って、お前はいろいろ凄いテクあるけど、俺の方がちょっと上だ、って最後に言うとか。あるいは、自分の半生を語っていくとか。自分の半生について語れば呂布・言葉のウェイトオジサン・カルマから何か言われなくて済むし。

ドキュメンタル3は、私の推している人から消えていく。くっきー、RG、後藤、、、。前に出た時もそうだったが、くっきーはゲラ(笑い上戸)がすぎる。攻撃力100でも防御力マイナス120くらいだダメだよ。

ドキュメンタル3を見ると、今のテレビ業界には「ちんこ」が足りてないことがわかる。

ドキュメンタル4には鶴瓶が出て欲しいし、くっきーはレギュラーにしてほしい。

ある程度回を重ねればディフェンスの弱い人たち10人を集めることも可能になるのかと思う。

 

8月16日(水)

帰宅して、沐浴。

23時ころにミルクをあげたが、1時間かそれ以上の時間寝てくれなかった。眠りの浅い時に飲ませて起こしてしまったのかもしれない。諦めて、抱いていたら寝た。

 

8月17日(木)

夏季休暇のため1日休み。

妻が外泊してアパートで週末を過ごすため、11時30分ころ家を出て病院へ行く。

病院の前にツタヤに寄って星野源「Family song」と星野源が表紙の「MUSICA」を買う。地方のCDショップにも入荷するほどに星野源はメジャーアーティストになってくれて嬉しい。おかげでストレスなく購入できる。

昼食は病院近くの寿司屋でにぎり寿司。「あかり」の産まれた次の日に寄って「ちらし寿司」を名乗る刺身定食を食べた店。妻は久しぶりの寿司で美味しかったと言っていた。

アパートに行き、荷物を下ろしてから掃除をする。

車に乗りきらなかった荷物(「あかり」の着替えやミルク缶など)を取りに実家へ行く。

その後、妻と「あかり」をアパートにおろし、食事の材料やオムツなどを買いに私のみでかける。

夕食前にシャワーを浴びる。お風呂イスの高さで、アパート最高!と思う。実家のは低いし、妻の家のはどうだったか印象に残っていない。

久しぶりに妻の作った料理を食べた。

夕食後「あかり」が寝ていたので、2階にあがって寝かしつける。

LED電気スタンドが急に消えてしまい点かなったから仕方なく階段の電気をつけて読書をする。

気付いたら寝ていた。

昼間、「あかり」の身長を測ったら60cmになっていた。産まれた時が46cmだったので、いつの間に15cmも伸びたんだと思う。身長が15cm伸びて、体重が2.5kg増えたというのに、毎日見ているとそのことに気づけず、写真と見比べた時に成長を実感する。

まだ首が据わらないから小さいままだと思っていたら、随分成長していた。

まだ3ヶ月経ってないのに、その3ヶ月は戻れない3ヶ月であることを知る。

 

8月18日(金)

3時か4時ころ不意に目覚めたら妻が「あかり」をあやしていた。ミルク飲むらしく1階に降りていく。

その後、再び寝て7時に起こされる。都合10時間くらい寝たことになる。布団の寝心地の良さでアパート最高!と思う。

妻が私の車を使って病院へ行くので、そのついでに職場まで送ってもらう。

日中、妻あてに母親から怪文書のようなメールが届く。改行を一切していないメールは怪文書扱いでいいと思う。

帰宅前に書店に寄って注文した本を受け取りついでに、追加で1冊買う。

 

8月19日(土)

9時30分ころ、妻が白血球を補うための注射をするために病院へ行く。

スーパーに寄って食材を買ってから帰宅。

午後に何をしたのかは覚えていない。ビール飲もうかなと思ったので、昼寝したりしたんだと思う。

夕食は、味噌ラーメンを食べる。スーパーで生ラーメン、チャーシュー、煮玉子を買ったので本格派の味であった。

アパートでは新聞を取ってないし、「あかり」がリビングにいる時は極力テレビをつけないので世の中のことがさっぱりわからなくなる。

金曜の夜の「ユアタイム」をプチ鹿島めあてで録画してあって、それを朝見た時にスペインのテロのことを知った。

 

8月20日(日)

9時30分ころ、妻が白血球を補うための注射をするために病院へ行く。

帰宅の道中で郵便局によって切手やハガキを買う。この前まで50円だったのに52円になり、62円になった。52円ハガキを使い切ってないので、8円切手を買う必要が出てきてひどく不便だ。

62円の値打ちしかないの?
僕のラブレター 読んだのなら
返事ぐらいくれてもいいのに  「my life」Mr.Children

「Versus」リリース当時は62円といえば封書の値段でした。最近のMr.Childrenの楽曲は濃厚すぎるから、「REFRECTION」より「Versus」の軽やかさの方が今の私にはフィットします。なので最新作「himawari」の収録曲のなかでは「メインストリートに行こう」がベストでした。

食材が足りなくて、しょうもない昼食を食べる。自宅での料理は30点をだすこともあるから、120点の日が輝いてみえる。

午後は昼寝した。

夕方、妻を病院に送ってから帰宅。母親が訳のわからないことをごちゃごちゃ言っていた。65歳近くなってきて以前より頑固になったし、小うるさくなってきた。今まで自分がしてこなかったことを礼儀だとか人間関係を潤滑にだとか言って押し付けてくる。

押し付けられるたびに、妻が早く退院することを願う。

 

今週読み終んだ本

「クローバー」42、43巻
「ハロー張りねずみ ベストセレクション1」
「もう生まれたくない」長嶋有

星野源が偉い10の理由

星野源が続けざまに「ROCKIN'ON JAPAN」「anan」「MUSICA」の表紙を飾り、色々背負わされていて凄いなぁと思ったところが今回のエントリのきっかけ。

星野源の何が凄いかと考えだしたけれど、偉いんだと思いついて、偉い所を挙げだしたらすぐに10個になりました。演技とかゲームとかの分野でも偉いのでしょうが、そこは守備範囲ではないから除外しました。

 

1.海外のドラマに接していて偉い

 

2.海外の音楽に接していて偉い

海外のバンドに影響を受けたバンドに影響を受けた「孫バンド」がJ-ROCKシーンに増えているそうです。そういったバンドは聞かないから論外として、海外の現在の音楽を吸収しているアーティストはどのくらいいるのでしょうか。

星野源は海外のアーティストと日本のリスナーを繋ぐ存在になっています。

ラジオでオンエアし、横浜アリーナ公演(14年12月)の客入れに前日発表になったばかりのディアンジェロ『Black Messiah』を使い、ブルーノ・マーズと対談し、チャンス・ザ・ラッパーの帽子を被る。


f:id:tabun-hayai:20170818154426j:image

海外の最新の音楽を聴いているだけでなく、聴いている楽曲をあらゆる手法で紹介する。偉い。

 

ここ数週間でオンエアされた楽曲(星野源オールナイトニッポンBLOGより)

Somewhere Over the Rainbow/Ariana Grande
Slide ft.Frank Ocean,Migos/Calvin Harris
Get Lucky/Daft Punk feat.Pharrell Williams,Nile Rodgers
Tap Dance Feat.Chance The Rapper and The Social Experiment/Octave Minds
Heatstroke ft.Young Thug,Ariana Grande,Pharrell Williams/Calvin Harris
Sugah Daddy/D'Angelo and The Vanguard
Move On Up/Curtis Mayfield
Paranoid Android(Remastered)/Radiohead

 

 

3.年長者と交流していて偉い

07年から「テレビブロス」で細野晴臣との対談を連載(「地平線の相談」)
17年3月に民放ラジオ101局特別番組で山下達郎と共演
17年4月に加山雄三80歳記念の誕生日会に参加

星野源は30代半ばですが、年長者と交流することで、世代の断絶を食い止めているところが偉い。

それぞれの人と交流しているアーティストはいますが(細野晴臣×岸田繁加山雄三×PUNPEE、、、)、何人もの方と交流できているのは星野源だけです。

 

4.シングルに毎回4曲収録しているところが偉い

星野源のシングルCDには、毎回4曲収録されています。最終曲は「HOUSE ver.」とある自宅録音音源です。

アルバムに収録されていない曲も多いので、そのうちカップリング・ベストがリリースされることでしょう。

 

5.自ら楽曲の解説をする所が偉い

曲をどのような意図で、過去のどの曲や年代のことを念頭においてその曲を作ったのかについて、音楽専門誌のインタヴューで語られることはありますが、CDのブックレットに解説がつく例は滅多にありません。

Mr.Children「B-SIDE」には鹿野淳が聞き手を務めたメンバー4人による解説が付いたり、奥田民生「FAIL BOX」やくるり「THE PIER」には渋谷陽一田中宗一郎による解説が付いていたりという例はありますが、本人が解説を書く例は他に知りません。

岡崎体育「感情のピクセル」のように、時に制作意図と違った解釈がされることはあっても、リスナーが自由に判断してくれというのがアーティストの基本的な立ち位置です。

が、星野源は違います。CDのブックレット用に短文を載せるだけでなく、エッセイ「いのちの車窓から」などで詳細な解説も載せています。

「自分の曲を入り口にして、幅広い音楽を聴いて欲しい」という意図があるんだろうと思います、実際は知らないけど。

 

6.購入者特典としてクリアファイルを付ける所が偉い

「YELLOW DANCER」「恋」「Familly song」ともに購入したらクリアファイルをもらいました。3枚とも同じA5サイズで、そんなに挟む書類はないけれどもらえると嬉しい。

メジャーな存在になったおかげで、地方のツタヤで買えたりもらえるようになったのでありがたいです。

 

7.アートディレクターを変えないところが偉い

カクバリズム所属の時は、SAKEROCK、ソロともに大原大次郎がアートディレクションをしていました。
移籍して、メジャー・アーティストになって以降は吉田ユニがアートディレクションをしています。

星野源の偉い所は、長年に渡り一貫して同じアートディレクターが行っている所もそうですが、CDやDVDだけではなく著作の装丁も行っているところです。

それは事務所が主導すれば「アーティストイメージの管理」ということなんだろうけど、そういうことではないような気がします。仲良いからお願いした、とか星野源が他の作品を気に入ってお願いした、というような。

著書の「そして生活はつづく」(単行本、文庫本とも)と「地平線の相談」(連載の題字も)は大原大次郎が、「いのちの車窓から」は吉田ユニが装丁しています。

 

8.文章が上達していて偉い

書評「いのちの車窓から」

こんなに大手術だったの?という表題作からはじまり、次の「多摩川サンセット」で早くもひとつめのピークを迎える。タクシー、深夜、散歩と1人の時間を大切にしながら季節を感じて生活しているのだろう。鶴瓶細野晴臣大泉洋新垣結衣などここ3年間で出会ってきた人たちのことも書かれているがラブレターのよう。だいたいのエッセイ集は少しずつ読み進めるのだけど、すぐに読み終えてしまった。続編はまだか?

 

「そして生活はつづく」「蘇える変態」「いのちの車窓から」を続けて読めば、うまさの加速具合がわかります。

「いのちの車窓から」表紙のイラストが「1」に見えるので、1巻ということなのでしょう。続編はまだか?

売れに売れたろうけど、もっと売れていい作品です。


f:id:tabun-hayai:20170820171344j:image

 

9.松尾スズキ「東京の夫婦」に推薦コメントを寄せていて偉い

松尾スズキさんの近刊『東京の夫婦』は傑作です。今までの著作やブロスの連載とはテンポ感が違います。

ラップのように言葉を詰め込み、バタバタしているのが特徴の一つでしたが、『東京の夫婦』には落ち着きがあり、ゆっくりとしています。

転機となる傑作に、星野源が帯コメントを寄せることで売り上げの加速が期待されます。


f:id:tabun-hayai:20170818160823j:image

 

10.バナナマンとの交流が続いていて偉い

「Family song」の歌詞の「救急車のサイレンが」という一節は「日村43歳誕生日ソング」を思い出します。

自身がどんなに忙しくなろうとも、毎年曲を贈り続ける。男がラブソングをテープに入れて女の子に贈ったら気味の悪さと紙一重ですが、星野源が日村に贈ると笑えて、繰り返し聞きたくなる楽曲になります。

繰り返しの聴取に耐えられる。つまり、リリースする自身の楽曲の時と同じ水準で作っていることが推測できます。「遊びこそ真剣に」とはよく耳にする文句であり、本業で日本最高水準の楽曲をリリースし続ける星野源が、自作でも取り入れていないラップを「日村45歳誕生日ソング」で披露するのだから、偉いを通り越して恐れ入る。

現在の日本で最も乗っているアーティストである星野源の成長過程を確認する意味でも、日村○歳誕生日ソング」コンパイルして発売してください。

この辺の経緯のことは、バナナマンが語っていますので、みやーんさんのブログを参照してください。

miyearnzzlabo.com

 

11.私のブログへのアクセスに貢献して偉い

偉いというか、御礼です。

サケロック」でググると3ページ目に「SAKEROCK『SAYONARA』とは、どういうアルバムか」という私の書いたエントリが出てきます。15年3月に書いたものですが、アクセス数の50%はこのエントリに集中しています(残りの45%は「ブルージャイアント」関連で、5%がその他)

どうもありがとうございました。

tabun-hayai.hatenablog.com

CDの歌詞カード


f:id:tabun-hayai:20170816211216j:image

CDを購入して歌詞カードのブックレットを確認するのは、とりあえずの儀式です。

最近、ブックレットに歌詞を掲載しないアーティストが増えています。

KOHH「DIRT」、「DIRT Ⅱ」、「YELLOW TAPE」と名付けられた一連のミックステープ。KANDYTOWN「KANDYTOWN」と、そのクルーであるYOUNG JUJU、IO、DONY JOINT、MUDによるソロ作品。Kid Freshino「Salve」。

tofubeats「FANTASY CLUB」に収録された「LONELY NIGHTS」もYOUNG JUJU客演部分のみ掲載されていませんでした。

Kid FreshinoはC.O.S.Aとのアルバムでは歌詞が載っていました。

歌詞を公開しないアーティストとして、まず5lackが思い当ります。「ヒップホップの詩人たち」を纏めた都築響一は刊行時に行われた磯部涼との対談で「スラックにも取材を申し込んだが、歌詞を掲載することを断られたので(登場は)実現しなかった」という旨のことを話していました。

DJ KRUSH「軌跡」とJJJ「HIKARI」を確認したところ、「HIKARI」に収録されたYOUNG JUJUの曲は歌詞が掲載されておらず、両作に客演している5lackの歌詞は両作とも掲載されていました。

5lack、KOHH

自分のCDに歌詞は載せないけど、客演は相手のアーティストの意向に沿う

 

YOUNG JUJU

一切歌詞を載せない

以上のことが分かりました。

ストリーミングが使いやすくなったので、CDを買う理由は、特典と歌詞カードと配信してないからくらいのもので、タオルやTシャツなどのようにファンアイテムに近くなっています。

ストリーミングされてないので購入していますが「歌詞カードの付いてないCD=ファンアイテム」なので、ストリーミングして良ければ買う、に移っていくのでしょう。

こういう時代に、歌詞カードを掲載しないということは何らかの意向がアーティストにあるはずです。サービス精神ねぇなぁと悪態つくには、10歳くらい年下だけど恐れ多い人たちです。

カラオケの練習するなら歌詞カードは必要ですが、そもそも歌詞を掲載してないアーティストの楽曲はカラオケに入らないだろうし、不要といえば不要。

歌詞も以前ほど読み込むことはなくなったし、書き写そうと思ってもなかなか続きません。

聴いていて気になった箇所や聞き取れなかった箇所を確認するのに使うくらいですが、歌詞カードやライナーノーツを鞄に入れて持ち歩いたりするのが癖になっています。この悪癖のため、歌詞カードをなくしてしまったCDは何枚もあります。

とはいえ、何についての曲なのかは気になります。

何度も聴いて文字起こしするにしても、英語とか混ぜていたり、発音があいまいだったりするとなかなか困難です。

Spotifyでは歌詞が表示されるけれど、Spotifyで表示される歌詞は「プチリリ」というサイトから引っ張ってきたものです。

便利といえば便利だけれど「プチリリ」は変換や入力の誤りがあるので一般のリスナーが投稿していると思われます。なので、あてにしすぎないよう気をつけています。

結論なんかありません。現場からは以上です。

 

あ、歌詞カードついでにいうと、サニーデイ・サービスPopcorn Ballads」発表時のポップアップショップでリリック・ポスターが配布されたようですが、下北沢行けばまだ入手できるんでしょうか

あかり、育つ(17年8月7日~)


8月7日(月)

帰宅すると母が寝ていたので、起きるのを待って沐浴。

沐浴後はミルクを飲ませて寝かしつけた。行為者は私だったり、母親だったり。

沐浴後にミルクを母親が飲ませている隙にシャワーを浴びる。

夕食後はベビーベッドの置いてある居間で過ごすのが定例。泣いたらあやして、泣かなきゃそのまま。

起きて泣くことはなかったので、私もソファーで寝る。

土曜に排便あったから本来なら今日あたりあってもいいのだけど残念ながらなかった。GRGRしてもいいのだけど本人に任せているから、なきゃないで仕方ない。

 

8月8日(火)

午前5時に目を覚ますと「あかり」がぐずって泣きそうだったのでミルクを準備し、冷ましている間にオムツを替える。ミルクを飲ませた後にGRGRしようと母親を呼ぶ。

母親が来るまでの間にウーウー唸り、何度か唸ったあとでビチビチ音がしてくさいにおいが、、、。

排便のあとは顔を近づけなくても臭うことを思い出す。顔を近づけて確認しなきゃいけない時は排便がないということ。

GRGRからオムツ交換に切り替える。くさい。くさいぞ。緑と黄色の混ざったものを拭いて新しいオムツを穿かせ、母親に世話を任せる。

くさいけれど、あると嬉しいのが娘の排便。

出勤するときはベッドで寝ていた。

妻の誕生日なので、病院に顔を出す。

先週末は高校生2人いたけれど既に退院していて、4人部屋を1人で使っていた。誕生日ということで医師と看護師から祝われていて、皆さんから寄せ書きを贈られ泣いていた。

とはいえ、翌日に飲む予定の薬をこの日の朝に用意されていたから怪しみつつも飲んだらやっぱり翌日に飲む薬だったそうで、飲んだために必要な数値が確保されず、正午スタートの点滴が午後5時スタートになったと言っていた。

点滴して坊主で、という妻の姿を客観的に見れば、やっぱり病人なんだなと思う。よくなってくれ。

帰宅後、沐浴。

いつもはこちらの夕食が終わるころには寝ていたけれど、この日は何だか寝つきが悪く起きていた。

抱きかかえると寝るからベッドに移すと起きてしまい、この繰り返しだった。

25時ころに泣いてミルクをあげた後も同じサークルに嵌り、なかなか寝なかった。抱いて寝たらベッドに置くのではなく、腕の中で眠りが深くなるのを待つようにしたら起きることなく寝ていた。

26時を回っていたので、Abemaビデオで「フリースタイル・ダンジョン」を視聴。裂固は今後の成長に期待するとして、呂布カルマはまだ全然見たりないし、何度でも見れる。

呂布カルマがいるなら今後もダンジョンからの脱出は厳しくなりそうだなと適当な感想。

「ことばのウエイトおじさん」と揶揄されているけれども「言葉の重み」とはどういうことだろうか。

定型ではなく、そこに。例えば、成りあがってジェット機買うぜとか豪邸建てるとかの定型ではなく、どんな形であれ「これが俺の人生だ」と言い切って、自分の人生を投影しているかどうかってことなのかなと思う。

築地で働いているフランケンに対して、俺はラップ1本で生活できているという呂布カルマ。「俺はラップ1本で生活できている」というのは誰にでも通用するフレーズではなく、相手がラップだけじゃ生活できてないフランケンだからこそです。フランケンはラップだけじゃ生活できず、仕方なく築地で働いている感を呂布カルマが見透かし、そこを突いた。

呂布カルマと対戦するなら、何を言えばいいのだろうか。ACEなら単純に技術と気持ちで押し切れるけれどもなぁ。

地方在住とか田舎者とか爬虫類顔とかじゃ弱いし、音源もSTUTSやDJ KRUSHのアルバムへの客演は良かったし、、、

 

8月9日(水)

日中は両親不在のため「産後ママヘルプサービス」に申し込み、来てもらう。

沐浴もしてもらっていたので、帰宅後することはなく、、、。

22時ころは既に寝ていたので「水曜日のダウンタウン」をオンタイムで観る。

「Supreme」の20周年Tシャツが25万円で、ギャルソンのコラボTシャツ着てるのがウヨウヨいるって狂った世界だよ。着てたやつはもれなくダサかったけどな。

パスポかなんかのアイドル推しTを着ていたタカシと電気グルーヴのTシャツを着ていたコカドには好感が持てる。

「あかり」は深夜3時ころに泣いたのでミルクを飲ませ、また寝かしつける。眠い。

夜は英語の勉強や読書をしようと思うのだが、テレビみたりモンストしたりしながらお菓子食べてると、その気が全くなくなっていくから色々改めようと思う。

 

8月10日(木)

 

8月11日(金・祝)

妻が外泊して帰宅してくるため、「あかり」を連れて病院へ行く。

病院から実家に戻る前にツタヤによって借りてたマンガを返却する。妻が暇な時に読む用に『バクマン』を読み進めているから続きの5冊と、自分用に『クローバー』を借りる。『クローバー』は「チャンピオン」を読んでいたときの連載分から5冊借りた。

この日の夜は私の実家で過ごし、土曜、日曜の夜は妻の実家で過ごすこととした。

夕飯を食べる前に職場から呼び出しがかかり、雨の中を出かけて処理する。

 

8月12日(土)

妻は白血球数が少ないので外泊中であっても注射を受けに病院へ通う必要がある。

そのため10時過ぎに家を出て「あかり」を連れて病院へ行く。病院内のセブンでマルチコピー機を構っていると職場から呼び出しがかかる。

妻と「あかり」をアパートに残し、処理に出かける。作業終わりに駅前でハンバーガー、ポテト、ステーキを買って帰る。

アパートで食べながら録画を消化してから、妻の実家へ向かう。

早速借りてきた『クローバー』を読む。面白い。41巻までの5冊は『ろくでなしBLUES』の大阪編や『クローズ』の終盤を思い出す、オールスターの登場する話しであった。続きが気になる。まだ連載してるのか?

妻の実家は繁華街に近いので、家に忘れてきた「あかり」用のベビーソープやベビーローションを買うついでに書店へ行く。

松尾スズキ『東京の夫婦』、戸部田誠『笑福亭鶴瓶論』目当てだったが、『笑福亭鶴瓶論』しか売っていなかった。いずれ入荷するにしても、発売日を知っている本はすぐに入手したくて、その欲求を街の本屋では満たせなくなっている。「POPEYE」で本屋特集を組んだとしても、新刊が発売日に入荷しない本屋は使い勝手が悪すぎる。

入手できなかった『東京の夫婦』を買いに大型書店まで行こうかとこの日は思っていたが、翌日になってそこまでの気力はなかったので結局Amazonに注文した。

 

8月13日(日)

午前中、妻の注射のため病院へ行く。

病院へ行く以外は家を出なかった。妻の実家で過ごす部屋にテレビはあるが、夜に「あかり」が寝たあとでは点けるのが躊躇われるので結局テレビを見ずに過ごした。

日曜日に見たいテレビは「ガキの使い」のみだが、その時間は寝ていた。

あかり、育つ(17年7月31日~)

7月31日(月)

帰宅すると日中「あかり」を見ていた母親がソファで寝ていたので、沐浴はあとからにして、自室で休む。

19時を回ったころに沐浴。

夕食後、「あかり」は泣くこともなく寝ているから1人で炭酸水で割りながらジンを飲む。

何から何まで意味なく思えて
紳士な振りして静かにのむGIN
いつかは誰もがやがては誰もが
死にゆく自分を愛せるだろう  「アンダーシャツ」Mr.Children


途中から濃いめが欲しくなり、ついつい飲みすぎてしまう。私自身は意味なく思っていなくてもジンを飲むが、桜井さんはしょっちゅう何かを嫌になっている。

くだらぬテレビ点けっぱなしで
明け方近くに思いついたのは
やめちゃおうかどうかで    「PIANO MAN

 

僕らの現状に取り立てた変化はない
いいこと「49」 嫌なこと「51」の比率
あまり多くの期待を もう自分によせていない
ときどき褒めてくれる人に出会う それで十分   「羊、吠える」

嫌になっているというよりは、悲観的な自分が前向きになるまでを歌にしていることがわかります。自己啓発ソングで括ると零れ落ちる物が多すぎるから、そんな乱暴な言い方はしませんけれども、、、。


8月1日(火)

水曜日に病院へ行くのが定例であるが、水曜の夜は夜勤の仕事があるので、火曜日に病院へ行く。


8月2日(水)

突発的な宿泊を伴う夜勤のため自宅には戻らなかったので、夜間のことは両親に任せた。


8月3日(木)

朝帰宅してシャワーを浴び、出勤する。泊まりあけだったので午後から休みをもらう。

帰宅して病院に行こうと思っていたが、結局昼寝をしてしまう。


夜、伊坂幸太郎「AX」を読み終わる。最高傑作なんじゃないでしょうか?

気持ちよくパズルのピースが嵌っていくのは伊坂幸太郎の本流で、そのことは本作でも共通しています。ただ、本作はそれだけに終わりません。

足を洗いたい殺し屋がいて、その呪縛から脱出し、さらには家族の話にまで踏み込んでいます。

親になって2ヶ月しか経ってないのに、感情が入りすぎてしまう。


8月4日(金)

妻が外泊するため、仕事終わりで病院に行く。

金曜の夜は私の実家に戻り、土曜の夜は妻の実家で泊まるという2泊3日の初日。

帰宅して、妻と「あかり」の沐浴。

夕食後は私の部屋で3人で寝た。


8月5日(土)

外泊しているとはいえ、不足している白血球を補うための注射をする必要があるということで、9時30分に家を出て病院に行き、そのあと妻の実家に向かう。

午後は妻の実家で過ごす。

夕方、沐浴してから1人で出かける。妻の実家からだと繁華街が近くていい。

妻が来週誕生日を迎えるのでケーキを買うのが主目的で、おまけとして書店に寄った。おまけではあるが、結構買い込む。

寄藤文平佐藤卓雪舟えま、せきしろ、角田陽一郎、shin、キクタンなど。


8月6日(日)

午前中、妻の注射のため病院へ。

夕方、予約していた内祝を受取りに行くため15時ころ出かける。内祝を受け取る前に、環ROYが寄稿している「花椿」をもらうため「CHANNEL BOOKS」へ。「花椿」をもらうだけの予定だったが、ノート付きの「スペクテイター」赤塚不二夫号、岡本仁さんの新刊、クラムボンの自主制作ep2を買う。

その後、駅前の書店で後藤正文「YOROZU」、長嶋有「もう死にたくない」、デルフォニックス×永井博のグッズ、スマホカバーを買う。テジュ・コール「オープン・シティ」は保留。他の本を読み終ったら、、、。

駅ビルで内祝を受け取って(14人分で40,000円!)、妻の実家に戻る。

妻と「あかり」を載せて病院へ行き、駐車場で妻を下ろして実家に行く。

夕食後、「あかり」は寝ていたので「全力!脱力タイムズ」を見る。その後、寝汗をかきながら寝る。

4時半に起きてミルクをあげた。


どんな本を買ったかの記述まで足すと散漫になってしまうから自主規制していたのですが、枝葉が増えて肝心の「あかり」の様子が減っていました。

毎日見ているのでなかなか細かい変化に気づきにくくなってるけれど、最近の「あかり」はといえば、、、

○ こちらが笑顔をみせると、そこに反応するのか「あかり」も笑顔を見せるようになった

○ 泣き叫ぶとは違う声の出しかたをするようになった。話しているのか?

○ 無駄に泣くことはなくなった。寝だせば、数時間は寝ているようになった

○ たまに寝つきの悪い時があるのは変わらず、、、。

○ 1日1,000ml飲んでも良いと言われたが、700弱くらいしか飲んでないような

○ 飲ませているのは「すこやか」で、2.6gで20mlできる。800g缶なので、計算すると6,153ml作れることになる。ということは、だいたい10日経たずに缶は空になる。1缶が2,000円~2,150円の間なので食費は月8,000円くらい。

 

2017年8月以降に音楽を聴くために必要な、たった1つのこと。

過去15年7月と16年9月に、それぞれの時点での音楽の聴き方を綴っていました。1年単位でまとめると、常に変化していることが分かります。16年9月と17年8月現在を比べても変化はありました。

16年9月に運用が開始された定額制音楽ストリーミングサービス、Spotifyを導入したことで、音楽の聴き方はガラリと変わってしまいました。これとこれとこの再生機を使っていると言いきれなくなり、Spotifyが中心になりました。

Spotifyスマホにダウンロードしてあるので、スマホからBlue ToothでCDプレーヤーと車内ステレオに飛ばして聴くようになりました。

毎週水曜日と金曜日に邦楽、洋楽それぞれの新作がリリースされるので、チェックすることが習慣になりました。新作をチェックして気になるのはダウンロードするのですが、洋楽を中心に新作の量が膨大であり、曲を覚えるまで聞きこむことは全くできておりません。

カルヴィン・ハリス「ファンク・ウェーブ・バウンシーズ」はCDを買ったので、車載プレーヤーに取り込みました。そのため、繰り返し聴いて曲を覚えることが出来ています。甘い!

Spotify以前の16年9月時点では、iTunesで購入した音源をCD-Rに焼いて再生していたのだから、手間のかかることをしていたものです。Spotify導入後は、iTunesで音源を買うことはなくなりました。

配信が中心となった今はどんなCDを買っているのか。

1.配信されない邦楽(Mr.Children「himawari」、銀杏BOYZ「エンジェル・ベイビー」、DJ KRUSH「軌跡」、、、)
2.買っておきたい邦楽(Cornelius「Mellow Waves」、Suchmos「F.C.L.S」、、、、)
3.日本盤の出た洋楽(カルヴィン・ハリスRADIOHEAD「OKNOTOK」Hyukoh「23」、、、)

CDを買う気持ちはありますが、そもそも売ってなかったり(Chance the Rapper、FUTURE etc)、売ってても輸入盤のみで歌詞・対訳が付いてなかったり(MIGOS、Lil Yachty etc)するとなかなか買う気になりません。

CDは、CDと文具も売ってる本屋で買いますが、在庫がなければネットで買っています。

「TOWER MINI アリオ松本店」がアリオ松本の閉店に伴い閉店することになり、「TOWER RECORDS長野店」は2011年に閉店しているため、長野県内のTOWER RECORDS上田市のイオンにある上田店のみとなりました。

欲しいCDが売っているCDショップは軒並み閉店しています。


洋楽については、歌詞・対訳・解説のついた日本盤があれば買っています。本当はMIGOSやFuture、Young Thug、Lil YachtyもCDとして手元に欲しいのですが、そもそもフィジカル・リリースしていないものも多いので買う枚数は多くなりません。

英語がしっかり読めるようになれば海外のあらゆるサイト(照沼健太さんがFUZEで紹介しているようなサイト)にアクセスするのですが、英語を学ぶためには何処から手をつけていいか分からず読めていません。

恐らく日本盤の出ないTyler,the creatorのアルバムについても、タイラーがTwitterで歌詞カードをアップしてくれています。

それそれ(Jay-z、カニエ、チャンス)のそういったスタンスの違いの面白さとかもインスタだのTwitterだので適当に情報集めて、GeniusとYouTubeSpotifyを同期させて、リリック追いながら曲を聴いたりすると超面白いんですよ。雑誌とかいらない。しかも世界中のヘッズやティーンネイジャーがそれやってるわけ。そりゃ、これだけ盛り上がるわな、アジア含め世界中から日本が孤立するわけだわっていう。

田中宗一郎さんもFUZEでこのように言っているし、16年末のぷらすと座談会で宇野惟正さんも言っていたように、英語を読めないと現在の音楽の面白さの何分の1かしか理解できないことになります。

Frank Oceanが世界の中心であるけれど、それは宇野さんの言っていることを鵜呑みにしているだけで、世界の中心である理由は英語を読めるようにならなければ実感できません。実際、Frank Oceanの何が凄いのか、宇多田ヒカルを音楽製作に戻すまでの力は何なのか全く理解できていません。歌唱力がそこまで突出しているようには思えないので、何かがあるはずです。

ほぼすべての洋楽が手中に収まった今、早く英語を読めるようにならなくてはいけません。田中宗一郎さんは「雑誌なんかいらない」と言っていますが、海外の雑誌記事は海外のサイトに掲載されるし、そこではThe WeekndやChance The Rapperが表紙を飾り、インタヴューを受けています。

世界の最前線にいるビッグアーティストの一次情報を知るためには、海外のメディアをチェックするしかないのが現在のリアルです。そしてそのほとんどは有志の翻訳すら作られません。「日本で海外のポップミュージックやカルチャーを扱ったメディアを作る/論評を書くには、英語を読めないとスタートラインにすら立てない」というのが自分の現状認識です。

照沼健太さんの言うとおりです。

日本人であるKOHHのしっかりした記事ですら、日本のメディアには掲載されず、海外の記者による英語で書かれたサイトでしか読めなくなっています。OBKRこと小袋成彬さんの記事も恐らく。

スタートラインに立っていない私からは以上です。

 

tabun-hayai.hatenablog.com

tabun-hayai.hatenablog.com

あかり、育つ(17年7月24日~)

7月24日(月)

「あかり」誕生記念の飲み会を開いてもらったため、帰宅は21時ころ。

帰宅すると叔父が来ていて「太った」「弛んでいる」と言われる。その後、酔いもあってか、色々言われる。色々伝えていきたい気持ちはあるのだろうが、楽しそうな生き方ではないから憧れは持てない。

でも、生涯の一時くらいはギラギラしなくてはダメなんだろうなとは思う。全力でしたことがあったかと振り返ると、、、、。36歳。まだまだなのか。もうだめなのか。

日中は妻の両親が朝から午後4時くらいまで「あかり」を見ていてくれたという。が、来たのが久しぶりだったためか、ギャン泣きしていたという。

19時くらいのミルクの際に排便があり、23時に交換した際も排便があった。順調に出来るようになっており安心する。

 

7月25日(火)

最近「あかり」は日中を通して起きていることが多くなったと聞く。そうなのかと思いつつ、振り返ってみれば私が1日を通して「あかり」を見ている機会はないことに気づく。

例えば、土日祝日といった休みの日は「あかり」を連れて妻の見舞いに行くし、「あかり」を病院へ連れて行くために休みを取った際も妻のところに寄っている。

どこも出かけず家にいる日はないけれど、そういう日があったとして、そんな日に限って泣かれたりしたら大変だろうし、寝てくれって思うだろうな。

前日とは違って6時30分ころ帰宅したので、早々に「あかり」の沐浴。

17時にミルクを飲んだばかりというから19時の風呂上がりのミルク量は80mlに減らしたものの足りない雰囲気を出してきたので40ml追加する。

食事後は私が「あかり」を見るのだけど、なかなか寝ないので21時ころに60mlのミルクをあげたらすぐに寝た。

若林正恭「野良犬と表参道のセレブ犬」読了。

樋口毅宏の復帰作や坪内祐三さんの連載や古賀史健による燃え殻「ボクたちはみんな大人になれなかった」書評などが載っているから買った「小説現代」8月号。早速、樋口毅宏ノヴァーリスの銀行強盗」から読みはじめる。


じきに寝てしまう。

 

7月26日(水)

仕事帰りで病院に寄る。

 

7月27日(木)

保健師の訪問があり、「ミルクは泣いたときでいい」「ミルクは1日1,000mlを超えなければいい」という助言を母親経由で聞き、妻に伝える。

すると、離乳食を与える段階になって生活のリズムが狂うのではないかと心配したメールが来る。ネットには定期的に与えるとあったとか。

ポスト・トゥルースは子育てにも及んでいます。赤子の意思決定能力が未発達なのをいいことに、どのやり方も正解であるように思います。

子育ての主体となる自分が入院していて手を出せないというもどかしさは分かる。分かるけど、ミルクだけ与えている限りにおいては、多少生活のリズムが狂うのは仕方ないとして、任せるしかないのではないかと思う。

 

7月28日(金)

前日の内容を保健師に確認すれば、「最低3時間おきというリズムは守る必要がある」と言われる。今までどおりだった。

小児科の診察があるため、お昼で帰宅。

先週行った血液検査の結果を聞くための受診。

簡単に言うと、胎盤を妻と共有していたので、妻と同じ病気になっていないかの確認のため。結果は異状なしであったから、とりあえず安心する。

「あかり」は出生直後に輸血を行っているから3ヶ月経つとHIV感染などの検査を行うことになっているらしく、次回はまた採血を行う事になる。また泣くのかな。

診察が継続しそうなので診察の際に予防接種を行ってもらえないか頼み、了承を得る。

診察終わりで「あかり」を妻に預けて、病院の外に出る。

伊坂幸太郎「AX」、南Q太「Pop Life」、銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」を買い、病院に戻って、「AX」を読みはじめる。

「AX」は、「グラスホッパー」「マリアビートル」に続く「殺し屋シリーズ」で、前2作は長編であったが今作は「兜」という殺し屋が主役の連作短編集。

1話目の「AX」は「野生時代」2012年1月号付録の文庫本で読んだことがある短編だったので思い出しながら読んだ。

「チルドレン」(04年)から「PK」(12年)までの16作はきっちり追えていたけれど、それ以降は読んだり読まなかったり、買ったきりそのままだったり。

☓「夜の国のクーパー」(12年)
〇「残り全部バケーション」(12年)
〇「ガソリン生活」(13年)
〇「死神の浮力」(13年)
〇「首折り男のための協奏曲」(14年)
〇「アイネクライネナハトムジーク」(14年)
☓「キャプテンサンダーボルト」(14年)
☓「火星に住むつもりかい?」(15年)
☓「ジャイロスコープ」(15年)
☓「陽気なギャングは三つ数えろ」(15年)
☓「サブマリン」(16年)
?「AX」(17年)

5連勝のあとに5連敗という、逆「さわって・変わって」状態。

6敗している作品も買ってはあるんだ。買ってはあるから、いつでも逆転できます。

6連敗を阻止するため「AX」は読もうと思う。

 

7月29日(土)


10時ころから病院。

 

7月30日(日)

朝、オムツを替えたら排便あるのを確認した。中1日ペースが守れているのでGRGRして誘発するのを取りやめている。

午前中は仕事(作業)。

午後は病院に行くのを休もうかとも思ったが、妻から乞われたので行くことにした。

病院での合間や行き帰りに「すこやか」のスティックタイプを探すのだけれど、どこにも売っていない。ミルクまでAmazonで買わなければいけないんだから小売業の衰退も当然と思える。製品の多様化に小売りは付いていけてないから、Amazonは少数派を救ってくれている。

近所で売ってるものは近所で買うべきだし、売ってない物はAmazonで買えばいいと思うので、皆さんもそうしてください。村上春樹やエグザイル48をAmazonでも1位にする必要はありません。