小山健「お父さんクエスト」


f:id:tabun-hayai:20171107204522j:image
マンガ家や小説家による育児体験を記した本は、何冊も出版されています。

榎本俊二「カリスマ育児」
阿部潤「はじめて赤ちゃん」
樋口毅宏「おっぱいがほしい!」
山崎ナオコーラ「母ではなくて、親になる」
小山健「お父さんクエスト」

私が読んだのは上記の5冊ですが、この他にも、川上未映子「きみは赤ちゃん」、東村アキ子「ママはテンパリスト」、はるな檸檬「れもん、うむもん!」、吉田戦車「マンガ親」、やまもとりえ「今日のヒヨくん」といった作品が出版されています。

「石」が少ない玉石混交なジャンルではありますが、選ぶときに注意すべき軸は2つあります。「目線」と「期間」です。「マンガor文章」という軸は注意が必要なほどわかりにくいことではないから重視していないので外してあります。

1つ目の軸である「目線」というのは、父親と母親、どちらの目線で書かれているかのことです。このことは作家の性別とイコールです。なので、育児体験本を探すときはどちらの目線で読みたいかで選ぶ本が変わってきます。

読んだ中で、山崎ナオコーラ「母ではなくて、親になる」はタイトルのとおり、性別を越えることを目指しており、親であることは共通しているから、父親としても共感したり気付かされる内容が多くありました。

1つめの軸である「目線」は作者の性別に注目すればいいのですが、肝心なのは2つめの軸である「期間」です。

「育児本」として雑に括られがちで、年齢でわけられていないので、作中に登場する子どもの年齢には幅があります。ここに気をつけないと、読んだ時に「思ってたのと違う」「自分の子どもと年齢差がありピンとこない」ということが起きてしまいます。

たとえば、西原理恵子「毎日母さん」は長男が4歳、長女が2歳の時から連載がはじまり、15年の連載期間を経た最終刊では長男は大学生に、長女は高校生になっています。子育てを終えた人たちが懐かしく読んだり、子育てと関係なく西原理恵子の著作として読むことも可能ですが、生後5ヶ月の娘を育てる私の子育ての参考になるのは、少し先のことです。

たとえば、阿部潤「はじめて赤ちゃん」は妊娠発覚からスタートしていますが、第6話で早くも6ヶ月に成長しています。

たとえば、榎本俊二「カリスマ育児」は育児に重きがおかれているためか、2番目の子どもの出産からはじまり、生後間もなくの期間は描かれていません。

ということで、小山健「お父さんクエスト」についてです。

タイトルのとおり「お父さん」の目線で、不妊治療・妊娠発覚から生後半年くらいまでの期間が描かれています。

生後まもなくの乳児を育てていることを物語に昇華しようとするときの大きな壁は、乳児本人に動きがなくエピソードが出てこないということです。

子どもがあれこれしたという可愛いエピソードを日記みたいに描いていく、いわゆる育児マンガを連載するつもりだったんですが、子どもが産まれてから気づいたことは「0歳児の赤ちゃん案外なにもしねぇな」ということでした。
寝てるか泣いてるかで、マンガに描けるようなほっこりエピソードはあんまりなく、連載をはじめるのが早すぎた・・・と思いました。

メインに据えたい人物が動かない場合どうすればいいのか。「省略する/妻をメインにする」の2択が考えられます。

樋口毅宏「おっぱいがほしい!」の場合は、妻の過去や妻のエピソードを書くことで対処していましたが、過去に書いたとおり、子育て本として抱いた期待をすかされたような読後感でした。「作者と妻と子」の3人が中心の生活だから仕方ないとはいえ、妻がメインに出てくると、どういう描かれ方にせよ「ノロケは他でやれ」と思うし、「読みたいのはそこじゃない」という気になります。

小山健「お父さんクエスト」にも妻である「さち子」が魅力的な登場人物として登場してきますが、タイトルのとおり「お父さん」である作者本人の観点から見た子育てのことが中心です。安易に妻の出番を増やさないところに作者の気概を感じました。

気概ということでいえば、妊娠発覚したことを喜んであちこちでふれまわるシーン。

水をさすようにツイッターで届いた「不妊で悩んでる人もいるから配慮したほうがいいですよ。」というメンションに対して「ごめん無理!!うれしいものはうれしいよー!!」と蹴散らす。家族は世界に優先するのです。

子どもにミルクをあげて褒められたい気持ちや、妻との認識の違い(「言えばいいのに」VS「察して」)、生まれてきてくれたことへの感謝、といったことには共感で頷きすぎてむちうちになりそうでした。

最も共感したのは、子どもが産まれれば煩悩が消えるわけじゃなくて、「お父さん」というアプリが増えたと解釈しているところ。膝が割れるほどに膝を打ちました。

最高に同意したのは、子どもとの初対面のシーンで発する“「へー」まだ…よくわからんな”という一言。「よくわからんな」という気持ちは今もどっかで続いています。

DRAGON BALL」のナメック星の家とか「AKIRA」のバイクとかが何のエクスキューズもなく登場してくるところも最高でした。

金箔押しで、乳首をピンクに着色した装丁も素晴らしいんですが、惜しいのは帯に寄せられたコメントの人選。糸井重里って、、、。「おそらく他に見当たらない才能です。あかちゃんもですが、おとうさんも元気に育つといいなと思っています。」というコメントはさすがなのですが、今もなお「糸井重里」からのお墨付きは有効なのだろうか、、、。フジワラ藤本&木下夫妻とかの方が良かったんではないかと思ったりした。

参考にAmazonのレビューを読んだけど、サイズが大きかったとかおまけページが少ないとか地獄だなと思いました。サイズはこのサイズで良いし、重量も他の本(たとえば「ルーブルの猫」)に比べたら軽い紙が使われていて良いと思いました。おまけページについても、幸福感への疑惑を描いた「いいお父さん」と妊娠前夜の「子どもほしい」、子どもへ語りかける「世界」という3本が3本とも異なった趣向の作品で、泣くほど良かったです。そもそも、週5くらいでツイッターに4コマをアップしてくれているんだし何の不満もありません。

インタビューで小山健さんは、以下のように話していました。がんばろう。

子どもの世話は、奥さんに褒められるためにするんじゃなくてもう、ただ、する。手伝うとかでもなく、するものだっていうのを父親が分からないといけないんですよね。難しいと思うんですけど、やらなくちゃいけない。アップデートをしなくちゃいけない。

巻末には以下のように記されていました。成長に期待したり、勝手な理想とのギャップで叱ったりすることのないようにしたい。

ぼくら夫婦が欲しいと思って娘が産まれて、そういうふうに自分たちがしたいから育てるその娘の可愛さだけで十分なほどの親孝行をしてもらってるので、自分のことだけを考えて生きていってほしいです。だから本当に、感謝なんてまったく全然いらないと思うんですよ。

 

あかり、育つ(#20/17年10月16日~)

10月16日(月)

帰宅して入浴し、夕食を食べてから「編集会議」「MUSICA」を買いに行く。「ロッタレイン#2」も買う。


10月17日(火)

朝6時30分起床、7時出発。

妻が治療のため2泊3日で入院するため、7時に家を出て実家に「あかり」を預け、8時ころに病院に着き、就業ギリギリで職場に着く。

宮藤官九郎・脚本のドラマ「監獄の」何とかの予約を忘れたのでアパートに寄って予約してから帰宅。

「あかり」は両親に取り囲まれていた。


10月18日(水)

3時ころに目覚めて「フリースタイル・ダンジョン」。MU-TONもっと見たかったってのはあるが、RAU DEFが良かったので満足する。ACEはショボすぎないか?同じ負けでも、ACEと裂固の負けは違うように思う。

前日は外にいる仕事で体が冷え、リビングが朝方寒くなって乾燥していたためか鼻水が止まらない1日であった。

日中は母親に「あかり」を見てもらっていたが、午後4時から会議というので2時間休んで帰宅する。

帰宅前にアパートに寄り、タワレコから届いたCDを回収する。St.VincentはSpotifyで聴けるけれど「ケンリョクノフハイッ!」というフレーズに背中を押されて注文した。

帰宅すると「あかり」は祖母が見ていた。抱きかかえては身体が痛いと言っていて、そんなに言うなら抱きかかえてウロウロ歩いてなくてもいいんじゃないかと思うが、ひ孫ってのは麻薬みたいなものなのかもしれない。こんなにじっくり赤ちゃんと接するのははじめてだとも言っていた。

いつもより早めに入浴して、着替えと授乳は祖母に任せた。入浴しながら買ったきり読んでいなかった衿沢世衣子「ウチのクラスの女子がヤバい」3巻を読む。良い。「コミックH」に載った「よしもとよしとも」原作の作品から読んでるけど、衿沢世衣子が良くなかったことはない。残念なのは、連載情報を全然入手できないこと。「ウチのクラスの~」が掲載されていたのは「マガジン・エッジ」で、ここまで手は回らない。

マンガ雑誌は「Dモーニング」をアプリで読んでるけど、紙の雑誌は「BLUE GIANT SUPREME」を立ち読みするだけになっている。「Dモーニング」にしても「宇宙兄弟」と「ジャイキリ」、「おこだわり」くらいしか読んでない。

宇宙兄弟」の扉で最新刊の特装版は「ほぼ日手帳」付きとあったのでAmazonで注文する。公式サイトを見たらWEEKSであった。今は4月はじまりのWEEKS(横山裕一)を使っているから、使いみちについては改めて考えたい。公式サイトで買うとA5のクリアファイル、コースター、ポストカードが付くらしいけど、なくてもいいなと思った。

あかりは機嫌よく過ごして、そのうち寝てくれた。

体調がすぐれなかったので「水曜日のダウンタウン」を見ず、21時30分ころに布団に入った。

この2日間、職場への行き帰りを除けば音楽を聴いてないし、本も読んでない。


10月19日(木)

5時30分ころに目覚めて「あかり」のオムツ交換と授乳。前回のミルクが17時30分なので12時間あく。成長が遅くなるかもしれない。

正午に妻を迎えに病院へ行く。帰りにとんかつ定食を食べ、ツタヤに寄るもブロスはなく、ケーズでストーブを買う。14時までの年休だったが、20分くらい過ぎていた。

徒歩で帰宅。車のガソリンを入れたり、作業服を新調したりするために外出。

再度の帰宅後、「あかり」と入浴。「あかり」を浴室から送り出したあとは読書するけど、今回は早めにあがって「あかり」を見て妻の夕食作業を見守りながら「水曜日のダウンタウン」を見た。

妻は2日いなかっただけだが、その間に「あかり」の髪が増えたとか成長したとか言っていた。そんなもんなのかな。

ソニン森下千里椿姫彩菜が出ていた「じっくり聞いタロウ」を見る。私にとってはオールスター。次長課長の河本こそじっくり聞かれるべきではないのかと思ったり、MCが河本・名倉・華原朋美で謎のキャスティングだなと思ったり。

その後、ダラダラ過ごして就寝した。


10月20日(金)

午後から会議と懇親会あり帰宅は20時ころ。


10月21日(土)

本来であれば妻に付き添って病院に行くところだけど、鼻水が出ていたことを気にした妻に同伴を断られたので、実家に「あかり」を連れて行った。

実家では両親不在で祖母に「あかり」を預け、自室でダラダラと過ごした。

帰りにツタヤに寄ってPUNPEEがインタビューに応じていた「ミュージック・マガジン」を買う。写真は「フリースタイル・ダンジョン」のゲスト審査員を務めていたcherry chill willで、インタビュアーは二木信。ラップ系のインタビューは二木信か高木"JET"晋一郎か磯部涼の3人で9割くらいを行っているように思う。


10月22日(日)

選挙の立ち会い。

 

今週の「あかり」

目尻に続いて、鼻にも引っ掻きキズを作っていた。身体を洗っている時にシャワー・ホースを掴むようになったりと、色々なものを掴むようになった。

健康で機嫌よく過ごしてくれているので、これ以上望むことはないな。


今週読み終わった本
「A子さんの恋人 #1」近藤聡乃
「A子さんの恋人 #2」近藤聡乃
「うちのクラスの女子がヤバい #3」衿沢世衣子

今週買った本
「ロッタレイン#2」松本剛
「ロッタレイン#3」松本剛

今週買ったCD
「20/20」スカート
「マスセダクション」セイント・ヴィンセント

あかり、育つ(#19/17年10月9日~)

10月9日(月・祝)

前日に録画した「ガキの使い」「Love Music」を見る。「Love Music」はアンジャッシュ渡部というフィルタがかかって気にもしてなかったけれど、今週のトークゲストは銀杏BOYZ峯田和伸で、クロマニヨンズがライブして、YO-KINGの新譜批評まであって、何気に凄いんじゃないのか?

妻の定例の通院に今回も3人で行く。移動の車内で「あかり」は寝て、駐車場に着いてからも寝ていたので院内には妻だけ行ってもらい、駐車場で起きるのを待つことにした。

帰宅するとCDが届いていたが、「水曜日のダウンタウン」DVD見たり昼寝したり、「MODERN TIMES」聴いたりしたので聴かなかった。

夜「オシムの言葉」を読み終わる。

読みながら、「週刊モーニング」連載中の「GIANT KILLING」でETUの監督を務める主人公、達海猛のことが思い浮かんだ。作中で出てくる達海の行動が、「オシムの言葉」に出てくるオシムの行動に似ていた。弱小チームを強くする、他チームの試合をよく見る、新人を起用して使い続ける、記者会見で直接的なコメントをしない、控え選手のことを気にかけてモチベーションを落とさない、試合中に選手のメンタリティを観察する等。


10月10日(火)

前夜にツイッターで存在を知ったPUNPEE「MODERN TIMES」の隠しトラック。再生させようとプレーヤーを操作したができなかったため、ポータブルCDプレーヤーを使ったら再生でき、トラックの内容に驚かされる。「MODERN TIMES」の軸となる設定をひっくり返す内容であった、、、。

帰宅後、入浴。

食事の後は妻が「あかり」を連れて寝室にあがったので、書類を探すついでについていく。

下りてきてポメラで日記書いたりしようとしたが、5分10分くらいで充電が終わったので中断する。そのあとは、RAU DEF「unisex」を聴きながらスマホ構ったり読書したり。


10月11日(水)

妻が「あかり」を膝の上に乗せて朝食を食べていたら、太ももがおしっこで濡れていることに気づく。慌ててオムツを換えようとしたら、うんちも出ていることがわかり、着替えも必要だったのでシャワーでお尻を洗うことにする。「あかり」を妻が抱え、シャワーを股間を中心に当てる。

抱きかかえていればウーンッといきんで、そのあとにブジュブジュと音がするので出したことが分かるし、夏場はくさい臭いから判断していた。でも冬場は服の生地が厚くなり、臭いが漏れなくなってきている。気持ち悪さや不快感を覚えて、教えてくれるようになってほしい。

帰宅後、入浴。

先にあがった「あかり」の着替えとミルクは妻の担当。私があがってからは妻と交代して「あかり」をみたが泣き出したので、ミルクを追加で2回与える。朝に続き日中にもうんちして宿便がなくなったためかトータルで180mlを飲む。

夕食(蕎麦)後、寝室にあがりAbema TVで「フリースタイル・ダンジョン」。

MC松島、1回戦で終わるのは残念すぎる。1回戦負けだからといって、フランケンとかゴズとかと一緒くたにしてはいけない。相手の良さを引き出すと言っていた輪入道が、新しい引き出しをMC松島に開けてもらった形になっていた。直球すぎる“バイブスおじさん”輪入道の魅力を出しすぎてしまったのが敗因。MC松島と呂布カルマのバトルが見たかったな。

MU-TONは「少しテンポの遅いLick-G+福島訛り」なのでズルすぎる。良いに決まっている。呂布カルマの言っていることを相手にしないのが呂布カルマの攻略法であることを示した。

般若行く前にどっかで負けるだろうけど、来週はまとめてMU-TONの回になるくらいは活躍していてほしい。

その後、PUNPEEのゲスト出演した蔦屋好位置がホストのJ-WAVEの番組をradicoで聴きながら寝た。


10月12日(木)

前夜に寝落ちしたので聴き直してから「あかり」を抱いて下におりる。

前日にアップした「MODERN TIMES」についてのエントリへのアクセス数が想定より多くて良かった。

朝6時20分ころから録画した「水曜日のダウンタウン」を見る。そもそも朝から見るにはカロリー高い番組なんだけれど、輪をかけてハイカロリーの回であったし、1時間を通してなら過去最高傑作だった。見終わってからオープニングをもう1回みた。

家に帰ってから、もう1回頭から見ると思う。

リリース日にあわせて「音楽ナタリー」に載るインタビュー読むのは楽しみの一つであるけど、PUNPEEもハイスタもブラフマンもRAU DEFも真心ブラザーズも取り上げられていない。断られたのか、オファーしていないのか、、、。


10月13日(金)

妻の病気の経過と今後の治療方針について話を聞きに病院へ行く。「あと一歩」ではあるけれど「あと一歩」が埋まらずにいる、といった状況。HCG値が0.5以下を続けたいところなのに0.7や0.8くらいをウロウロしていたり、CTをみると肝臓に何か小さい影が見えたり、、、。スッキリと終わんないけど、妻や医師を信じてやっていきたい。

昼食は味噌ラーメンを食べる。

実家に預けていた「あかり」を迎えに行き、午後3時から血液検査の結果説明と予防接種のため再度病院へ。


10月14日(土)

9時出発で妻の定例注射を受けに病院へ。2泊3日で入院して治療を受けるため入院誓約書を書いてもらいに妻の実家へ。義母は仕事で、義父だけいた。

妻の実家まで来たついでに足を伸ばして書店へ行く。その途中に野菜と果物の直売所があったのでりんごや春菊、キャベツなどを買う。書店ではWeb連載を読んでいた「お父さんクエスト」、南信長さんの書評で気になっていた「カフェでカフィを」などを買う。同じ敷地にミスター・ドーナッツあるので久しぶりに買って帰る。

今週のベストは「お父さんクエスト」で確定かと思ったが、「カフェでカフィを」が抜いていった。両作品とも年間ベスト級。

「カフェでカフィを」 [作]ヨコイエミ 評者: 南信長
2017年10月08日 朝日新聞掲載 

■鮮やかに切り取る日常のひとコマ

 一読して、あまりの巧みさに唸(うな)った。おしゃれなカフェの3組の客を、それぞれの視点で描いた連作に始まり、全16編収録のオムニバス。
 会社の給湯室、街角の自販機、昭和すぎる喫茶店、福祉会館の談話室など、いろんな場所でコーヒー(もしくはお茶)を飲む。そんな日常のさりげないひとコマを切り取ることで、愛すべき人々の人生の来し方、行く末を想像させる。その手際は鮮やかで、各話のつながりも絶妙だ。
 なかでも、小遣い帳に知らないカフェの名前と支出を見つけた男とその妻による小さなサプライズ劇は珠玉。自販機の前で立ち話をする男女を自販機目線で描いたエピソードにもグッとくる。妙齢男女の間合いを計りながらのトーク、じいさんたちのとっちらかったおしゃべりなど、会話のライブ感がまたすごい。
 シンプルな線で描かれる豊かな表情やしぐさ、自在なカメラワーク、過不足のない背景、的確な小道具と擬音、光と影の濃淡を生かした画面処理など、作画も圧巻。これは大変な新人が現れた……と思ったら、作者は過去に別名義でデビューしており、イラストレーターとしても活躍中だった。にしても、この表現力にはやはり唸るしかない。

 「カフィ」とは何かと思ったら「coffee」のことであった。

放映後の評判が良いから水を差すこともないんだけど「めちゃイケ」のオファーシリーズは、最初のフリと最後のオチが見えててマンネリになっている。伝統芸能として楽しめる人は楽しめばいいけど、見たことないものを見たい私はついていけなくなっている。ここ数回はダンスのオファーしかされてないし。


10月15日(日)

9時出発で妻の定例注射のため病院へ。帰りに西松屋に寄る。「あかり」は寝ていたので私は車内に残り、離乳食用の道具などを妻が買ってくる。4,000円くらい。高いか安いかはわからない。コンビニで新聞を買って帰宅。

昼食食べてからスーパーで食材や日用品(粉ミルク、ティッシュ、、)、ガソリンスタンドで灯油を買う。帰宅後、部屋の片づけを少しする。

「あかり」は風呂上がりにうんちしたらしいが、緑で水っぽかったという。まだ出きってないようでミルクの飲みが悪かったらしい。

夕食後、消防団の活動に出かけ帰宅は22時30分ころ。

 

今週の「あかり」

火曜日くらいから「ア″~」という声を出すようになった。喉が壊れそうなくらいの声量とガラガラ具合。この声を出すときは笑顔なんだけれど心配になる。物を掴みだしたのはいつからかは忘れた。運転中はチャイルドシートに乗せるとほぼほぼ静かになるし、寝ることも多い。

移動はまだできないし、寝返りから動くこともできないし、逆向きの寝返りもできていない。


今週読み終わった本
オシムの言葉 増補改訂版」木村元彦
「クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方」海老原嗣生
「お父さんクエスト」小山健
「カフェでカフィを」ヨコイエミ


今週買った本
「お父さんクエスト」小山健
「カフェでカフィを」ヨコイエミ
メメント非日常」カラシユニコ
「ロッタレイン#1」松本剛
「編集者ども集まれ!」藤野千夜
「逆境を「アイデア」に変える企画術」河西智彦
「8割捨てる!情報術」理央周
「捨て猫に拾われた男」梅田悟司


今週買ったCD
「unisex」RAU DEF
「Flower Boy」Tyler,the Creator
「今夜/ナミノウタゲ」BRAHMAN
「4:44」Jay-Z
「Colors」Beck

「水曜日のダウンタウン」17年10月11日

まずは、「KAI-YOU」の記事をご覧ください。

kai-you.net

すごかったんで16分の1でスロー再生したら、さらにすごかったので、ご確認ください。
f:id:tabun-hayai:20171016124830j:image


f:id:tabun-hayai:20171016124838j:image


f:id:tabun-hayai:20171016124900j:image
f:id:tabun-hayai:20171016124908j:image
f:id:tabun-hayai:20171016124933j:image
f:id:tabun-hayai:20171016124930j:image
f:id:tabun-hayai:20171016124949j:image
f:id:tabun-hayai:20171016124956j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125012j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125026j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125039j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125046j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125101j:image
f:id:tabun-hayai:20171016125111j:image

PUNPEE「MODERN TIMES」ブックレット記載の「EASTER EGG?」がここにも登場しています。

 

私が気づいたことは、日をおいてから記載します。

 

tabun-hayai.hatenablog.com

 

 

PUNPEE「MODERN TIMES」

f:id:tabun-hayai:20171011212315j:image

1 概要

2 各楽曲について

3 その他

4 リリース前の予想、リリース後の評価

5 今回のリリースに合わせたメディアへの登場

 

1 概要

Artist : PUNPEE
Title : “MODERN TIMES”
No : SMMT-99 / XQMV-1009
Label : SUMMIT, Inc.
Release : 2017年10月4日(水)※配信は10月11日(水)開始予定
■Track List
1. 2057 (Scripted by PUNPEE / Music by PUNPEE)
2. Lovely Man ( S:PUNPEE / M:Nottz )
3. Happy Meal ( S:PUNPEE / M:DJ MAYAKU )
4. 宇宙に行く ( S:PUNPEE / M:PUNPEE )
5. Renaissance (S:PUNPEE,Sugbabe / M:PUNPEE )
6. Scenario (Film) ( S:PUNPEE / M:A$AP P on the Boards)
7. Interval ( S:PUNPEE / M:PUNPEE )
8. Pride ( S:PUNPEE,ISSUGI / M:Nottz )
9. P.U.N.P. (Communication) (S:PUNPEE / M:Rascaal )
10. Stray Bullets ( S:PUNPEE,5lack,GAPPER / M:PUNPEE / Cuts:DJ ZAI)
11. Rain (Freestyle) ( S:PUNPEE / M:PUNPEE )
12. 夢のつづき ( S:PUNPEE,原島"ど真ん中"宙芳 / M:BudaMunk )
13. タイムマシーンにのって ( S:PUNPEE,Sugbabe / M:PUNPEE )
14. Bitch Planet ( S:PUNPEE,RAU DEF,Sugbabe / M:PUNPEE )
15. Oldies ( S:PUNPEE / M:PUNPEE )
16. Hero ( S:PUNPEE / M:PUNPEE )

 lyrics(詩、歌詞)ではなくて、script(台本、脚本)となっている。「2057」「Interval」はscriptであるから統一感をもたせるため?

 

2 各楽曲について
1.2057

2057年(40年後)のPUNPEEが記者かライターに1st Album(=この「MODERN TIMES」)について語りだす。

ここまで皆を待たせてしまったし「クラシックっぽいのが求められてるくさい!!!!」という感じがあって少し焦ってて。そこで「未来の俺にこのアルバムを"クラシック"と言ってもらえばクラシックになるんじゃね?」と、未来の自分と一時的に手を組んだみたいな感じ

BUMP OF CHICKENTHE LIVING DEAD」は「Opening」「Ending」に挟まれた8曲は「泣いている誰かへプレゼントした物語」という設定だったが、そのことを思い出した。(この2曲は『present from you』収録の「プレゼント」という曲の前後であったことが『present from you』リリース時に明かされる)

 

2. Lovely Man

トラックを手がけた「Nottz」について、ウィキペディアには「Dominick J. Lamb (born February 21, 1977), better known by his stage name Nottz (or Nottz Raw), is an American hip hop record producer and rapper」とある。

 

3. Happy Meal
Happy Meal:マクドナルドのハッピーセット

トニーホークに続け ESPN

 「トニー・ホークスケートボードの選手
ESPN」スポーツチャンネル

ジョニー・ネモニック カードはトレーディン
ストンピィデッキ
ニキビ面みてる トロマムービー

 「ジョニー・ネモニック」95年公開の映画『JM』の主人公?
「ストンピィデッキ」カードゲームMagic: the Gathering関連?
「トロマムービー」トロマ社製作のB級映画?


4. 宇宙に行く
和田唱(TRICERTOPS)が歌っているかのような歌いだし。

 

5. Renaissance
2012年にリリースされた幻のMix CD『Movie On The Sunday』にも収録されているPUNPEE初期のアンセムがようやく、、、、。

 

6. Scenario (Film)
scenario:シナリオ

トラックを手がけた「A$AP P on the Boards」はPUNPEEの変名ではなくて、A$AP Rocky、A$AP Ferg等が所属するA$AP MOBというクルーの一員。

 

7. Interval

 

8. Pride
ISSUGIが客演。
ISSUGIは5lack、BudaMunkとのユニットSICKTEAM所属。

 

9. P.U.N.P. (Communication)

 

10. Stray Bullets
stray bullet:逸れ弾、流れ弾、流弾

5lackとGAPPERが客演。つまり、PSGの復活!フジロック出演とタワレコポスターでPSGが揃ったのはここに繋がっていた!

一点突破いくぜヒッポッパ

ZEEBRA「MR.DYNAMITE」(00年3月)に「一点突破 行くぜHIP HOPPER」というラインがある

 

11. Rain (Freestyle)
水曜日のダウンタウン』というフレーズが出てくる。

フジからフジへ

 「FUJI ROCK FESTIVAL'17(7月29日)」とフジテレビ系音楽番組「FNSうたの夏まつり~アニバーサリーSP~」(8月2日)に出演。

 

12. 夢のつづき
原島“ど真ん中”宙芳が客演。
原島"ど真ん中"宙芳はPUNPEEとDJコンビ「板橋兄弟」を組んでいる。

 

13. タイムマシーンにのって

Sugbabe(シュグベイブ)

PUNPEEの別名義。基本的にこの名義が使われるのはPUNPEEがHookを歌っているときに使われる。そのため、PUNPEE feat.SugbabeというPUNPEEがverseを蹴り、SugbabeがHookを歌う場合もある。RAU DEF『ESCALATE II』に収録された「FREEZE!!! (feat. Sugbabe)」は名曲。RAU DEFの新作『unisex』には「Players Anthem feat. Sugbabe」が収録されている。

 

願わくばディスコで親父と母さんが会った日に行きたいね
後ろのジョックスに酒かけて息子じきじきにチャンス作ってやんぜ

ジョックス、、、スポーツマンを主とした「人気者の男性」

バック・トゥ・ザ・フューチャー」にこういうシーンがあったような。引用?

 

 

14. Bitch Planet
RAU DEFが客演。

「忘れちゃえ 穴兄弟 過去の事 加奈子の事」とPUNPEEが客演したRHYMESTER「SOMINSAI」に続いて、「カナコ」が登場する。


15. Oldies
オールディーズ:主に1950年代~1960年代にヒットしたアメリカやイギリスなどの英語圏のポピュラー音楽のこと

曲の後半で三度、2057年のPUNPEEが登場。語り終えてから、PUNPEEの「Thanks for my family and friends.大事なのはこれからだぜ」という語り。『RENTAL'S』の紹介文にも「大事なのは今後である」とあった。

 

16. Hero

映画でいうところの「エンドロール」とみせかけて、「RENTAL'S」に収録されておりアルバムのリードトラックとしての役割を担わせられている。

──PUNPEEさんが先日リリースした1stアルバム「MODERN TIMES」の収録曲「Hero」に「Thorの妹もimage違い」という歌詞がありましたが、どういう意味なんですか?

アベンジャーズ」のマーベルや「バットマン」のDCみたいに、「スポーン」とかを出してるImage Comicsっていうコミックの会社があったんですよ。そこの作品に登場するキャラクターにアンジェラという天使がいたんですけど、マーベルがそのキャラクターの権利を持つことになって自分たちのところに引き抜いてきちゃったんです(笑)。アンジェラはマーベルに来て、ソーの妹って設定に変わったんですよ。 

natalie.mu

3 その他

<アルバム・タイトル>

1936年に製作されたチャップリン監督・主演の映画であり、06年にリリースされたボブ・ディランのアルバムであり、08年に発行された伊坂幸太郎の小説でもある。

ブックレットの中のイラストの1つにチャップリンのポスターが描かれているので、チャップリンの同名映画を意識したタイトルとみるのが妥当。

 

<隠しトラック>

1曲目を巻き戻すと30秒程度のトラックが隠されている。

 

<ジャケット>

表ジャケだけでなく、デジパックを開くと絵が繋がるんですけど、裏も楽しんでほしいですね。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』やサイモン・ペッグの作品、『アベンジャーズ』なんかのイラストを公式で担当しているイギリス人のサム・ギルビー(Sam Gilbey)による作品です。

ちなみに散りばめるものは自分が指定しました。レッドブルのようなものとか、亀を25年くらい飼っていて、弟は亀のタトゥーを入れているくらいなのに今まで作品に登場させていなかったので、初めて出しました。あとはレコードとPSGと、赤いワーゲンに乗っているので、それをSF仕様にしたり。それと「食べ物がねえな」と思ってハンバーガーを。

レッドブル(CM用にナポレオンについてのラップをしている)、亀、レコード、PSG(アルバム『DAVID』)、SF仕様の赤いワーゲン(ナンバーは「PUNP33」)、ハンバーガー(「HAPPY MEAL」?)の他に、アメコミ『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』(PUNPEEが監修を務める)が描かれている。

「黄色いノート」は、アメコミ作品であり、09年3月28日に日本公開された映画『ウォッチメン』に登場した、何者かによって殺害されたコメディアンというヒーローの血が付いたスマイリーフェイスの一部?
f:id:tabun-hayai:20171012125245j:image

「ビデオテープ」のラベルには「THEY LIVE」とある。1988年製作、ジョン・カーペンター監督の映画?

 

< 「ペアレンタル・アドバイザリー」シール>


f:id:tabun-hayai:20171012125257j:image

パッケージのビニールには、小さく「ペアレンタル・アドバイザリー」シールが貼られている。

「Parental Advisory - Explicit Content」とは、「親への勧告 - 露骨な内容」と言う意味。「Explicit Lyrics」と書かれたものもある。

1985年にアメリカの市民団体PMRCがRIAA(全米レコード協会)に圧力をかけて実現した検閲で、現在知られているラベルは1990年に標準化された。

ルールが不透明な自主規制によって“お蔵入り”する場合もある日本の仕組みと比べてみれば、“EXPLICIT”ヴァージョンで、アーティストが規制の枠にとらわれることなく自由に表現できることを皮肉にも“保護”しているという側面もあるのかもしれません。(CDJournal.comより)

日本のアーティストの「Radio Edit」や「TV Edit」はラジオでオンエアされやすいように、ドラマやアニメのエンディング用に楽曲を短くしたバージョンのことを指すのがほぼほぼですが、アメリカでは「本来の楽曲から、規制対象となる言葉を排除したバージョン」の意味で使われているようです。

日本の音楽にはこういった規制がないので、アメリカのHIP HOPレコードを模した意味で貼られている。


<ブックレット>

・アメリカン・コミックを模した図案

・「EASTER EGG ?」と7つのチェックボックス

 イースター・エッグ(Easter egg)とは、コンピュータのソフトウェア・書籍・CDなどに隠されていて、本来の機能・目的とは無関係であるメッセージや画面の総称である。ユーモアの一種。

 これらを「イースター・エッグ」と呼ぶのは、キリスト教の復活祭の際に、装飾した卵(イースター・エッグ)をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなむ。

 チェックボックスが7つあるので「7つの謎」が仕掛けられている?

 

・タバコの宣伝が入っている → ココアシガレットとしてツアーグッズ化

スペシャル・サンクス欄が縦読みできる

 

<CDの盤面>

映画フィルムの缶を模したデザイン。

右回りに「EASTMAN」「SUMMIT」「COMPANY」「ROCHESTER」「T.Y.O.」「J.P.N」と記載されている。

・EASTMAN、ROCHESTER

 1880年ジョージ・イーストマンがニューヨーク州ロチェスターで「Eastman Kodak Company(フィルムメーカー)」の前身となる会社を創業する。ニューヨーク州ロチェスターにはイーストマン・コダックの本社がある。

・J.P.N.、T.Y.O.

 日本、東京の略称

・SUMMIT

 PUNPEEの所属レーベルであり、本作の発売元。

 Eastman Kodak Companyにあやかって、「Eastman Summit Company」としている?

 「日本の、東京の、ロチェスター」としている?

 

<ツアータイトル>

「Journey into Mystery」は、Kieron Gillen(キウロン・ギレン)によるアメリカン・コミック。

 

<歌詞の内容について>

もちろん歌っているのは自分から出ている言葉ではあるんですけど、正直このアルバムを作って行く中で、PUNPEEというキャラを作って作品の中に置いている感じになった部分もありましたね。俳優じゃないですけど、演じているような感じ。途中で発狂してみせたり、言っちゃいけないような暴力的なことを言ってみたり、女の子と遊びたいと言ってみたり。今後もどうなるか分からないですけど、キャラクターとしてPUNPEEを置いていくのは面白いなと感じましたね。

 

4 リリース前の予想、リリース後の評価

「MUSICA」17年1月号 (対談:高木“JET"晋一郎×有泉智子)

有泉
ヒップホップのシーンが「才能ある新世代が生まれてきたね」ってところで止まらず、この国の音楽シーンの中で存在感を示すような未来図って見えますかね?

高木
そうなっていくためには、PUNPEEくんがキーマンのはずなんですよね。彼は全部に行ける、どのシーンからもプロップがあるのは、たぶん今は彼しかいなくて。それこそRHYMESTERともやるし、普通にテレビの曲も作れるし、それこそ宇多田ヒカルにも行けるし、本当に手が広い。彼はアンダーグラウンド性もあるんだけど、根本的に持ってるポップ性があるから強いんですよね。だから彼がソロアルバムを出せば「今ってこうなってるんですよ」って提示できると思うんですよ。今ヒップホップがブームだって言われても、みんな「うーん……」となってるのは、中心線がどこを見たらいいかわかんないからなんですけど、彼はそれを提示できると思うんです。だからPUNPEEが動けばシーンはガラッと変わると思うんですけど、忙し過ぎるのと完璧主義なのでなかなか作品が出ない(笑)

 

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」10月7日(土)

宇多丸
 ここらで曲をお聞きいただきたいと思います。ライムスターの『ダンサブル』からかけてもいいんですけど、今週は今週水曜日の10月4日に今年、日本語ラップ様々なリリースラッシュがある中で、ひとつこれが目玉中の目玉じゃないですかね。このアルバムがどこまで行くのかというのが今後のヒップホップシーンの伸び代を占うということで、本当に全力で応援したいです。

 はい。PUNPEEのファースト・ソロアルバム。本当に待望のですね。ようやく作ったか!っていう。でも、ある意味素晴らしいタイミングかもしれませんね。ヒップホップシーン以外にも、熱気がガンガン広がっていって。今年のフジロックでも大変な人気だったというPUNPEEのソロアルバム『MODERN TIMES』より『Hero』をお聞きいただきました。

 「一枚目だからと言って「PUNPEEがとうとうやってきたぜ! こっからシーンを変えるぜ!」みたいな感じだと 普通だしつまんないじゃないですか」とP氏は語っており、宇多丸の「目玉中の目玉」や高木"JET"晋一郎の「中心線(となる作品)」という目論見はかわされている。裏を返せば、ラップ・シーンに収まらず、ポップ・ミュージック界を背負える存在になっているんともいえる。

 

5 今回のリリースにあわせたPUNPEEのインタビュー、出演まとめ。

番組名:「GOLD RUSH」
放送日:9月29日(金)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/10/punpee.html

アンジャッシュ渡部建がホストを務める番組へのゲスト出演。短い!

 

番組名:特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TIME MACHINE RADIO」
放送日:10月9日(月・祝)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/10/punpee-1.html

蔦屋好位置がホストを務める番組へのゲスト出演。蔦屋さんだから聞き出せた内容(使用機材など)になっていた。

 

Web「ギズモード・ジャパン」

www.gizmodo.jp

えらく内容の充実したインタビューだと思ったら、聞き手は照沼健太さん!

 

テレビ「水曜日のダウンタウン」10月11日オンエア

アルバムの充実度にも感動しているんですが、『水曜日のダウンタウン』10月11日放送分のオープニングで感情が崩壊しました。放映開始から3年半関わってきているとはいえ、「公共の電波」と枕言葉のつくテレビ番組でこんなことができるとは、、、。素晴らしい。

tabun-hayai.hatenablog.com

 

ミュージック・マガジン」11月号(表紙:ビョーク)にインタビュー掲載

 

 

わからないことが多すぎるので、追記していきます。

あかり、育つ(#18/17年10月2日~)

10月2日(月)

アパートで過ごしていたはずだが、何をしたか忘れてしまう。

「あかり」をお風呂に入れる以外では、前日の「ガキの使い」「キング・オブ・コント」の録画を見たことくらいしか覚えていない。


10月3日(火)

妻が抗がん剤治療のため入院するから朝7時に家を出て「あかり」を実家に預け、妻を病院へ送り届けてから出勤する。

上越市に出張。午前中に会議、午後に実技研修。午後の実技研修会場が「戸田書店 上越店」の近くであると事前に判明していたので、会議終わりで戸田書店へ向かう。

戸田書店 上越店」は上越に来ると立ち寄る書店で、1年くらいぶりに寄ることができた。
戸田書店上越店」の偉い所は、書籍9割、文具その他(中古本、中古レコード)1割という比率に比例した圧倒的な在庫数。丸善ジュンク堂並に私の欲しい本があるだけではなく、郊外店を装って平屋建て1フロアであるから棚を行き来しやすいのがありがたい。この書店が近所にあれば、30分圏内にあれば、AmazonE-honは使わなくなり、更に買いまくってしまうだろう。

ネットで注文したかった本があらかた置いてあり、実物を見て岩政大樹のサッカーの本まで欲しくなり、結局12冊買った。藤野千夜「編集者ども」やジャームッシュ特集の「ユリイカ」は保留にした。

本の雑誌社サイン本フェアがやっており、岡本仁さんや都築響一さんのサイン本には心を揺さぶられたが既に持っている本だったのであきらめた。諦めない方が良かったのかもしれない、、、。


10月4日(水)

早めに起きたので「フリースタイル・ダンジョン」をAbemaTVのビデオで見る。

憧れと公言しているMC KUREIを容赦なく切っていくFORK。堂々としているところがいい。二代目でつまんなくなったとは言わせないと覚悟を持っているところもいい。負けがこんでいる3人は見習ってください。

ブームと言われている盛り上がりを多少下がっても一定量で維持するには音源をリリースすることが重要に思う。

「Dangeon Monsters」のような楽曲は1曲で終わる打ち上げ花火だから、再度楽曲を製作するのではなくて「フリースタイル・ダンジョン」括りのコンピレーション・アルバムを出してほしい。モンスターの登場曲はそれぞれのモンスターの楽曲のようだから、それだけで7曲になるし、もう5曲くらい追加して12曲くらいのアルバムなりプレイリストを作って欲しい。

書いてて思ったけど、登場曲は何という曲なのかくらいはどこかにエクスキューズがあってもいいのではないか。

午後、「あかり」の4ヶ月検診。「行きたい」と言うから仕方なく実母と。

保健師との面談→身体測定→医師による診察→栄養士からの離乳食の説明→保健師との面談(再)→ブックスタートの本の選別、という順で進んだ。

当市ではブックスタートという絵本を貰える制度があり、7冊くらいの中から「きしだえりこ、ほりうちせいいち」による「かにこちゃん」を選んだ。来年の夏には海に行こうか。

岸田衿子岸田今日子の姉であることは知っていたが、戯曲賞の岸田国士(くにお)の娘であり、谷川俊太郎田村隆一と結婚していたことがある(結婚期間は2年間と6年間)とは。「錚々たる」とはこのこと。

 

10月5日(木)

出勤前に、アパートに寄ってポストから荷物を回収する。アパートで開封し、PUNPEE「Modern Times」を早速車のプレーヤーに。BUMP OF CHICKENの最高傑作「THE LIVING DEAD」の1曲めを思い出させる導入であり、つまりは最高のワクワク感!

午後休んで実家に戻り「あかり」を車に乗せ、採血のため病院へ。

車内では「Modern Times」。P氏は33歳くらいだけど、製作期間33年と謳ってもいいくらいの作品であった。ここまで手間をかけた作品はマキシマム・ザ・ホルモン予襲復讐」以来。マキシマム・ザ・ホルモンに思い入れのない私であったから、「Modern Times」には強く心を動かされた。

アルバムリリースを機にタワレコのポスターにPUNPEEが選ばれていたが、なんでPSG3人が写っているのか気になっていたが、アルバムを聴いて理解する。PSGが復活していた!

採血は30分くらいで終わり、妻の病室へ寄って合流し、3人で帰宅する。

帰宅前に蔦屋書店に寄って「5W1H思考」「CITY」3巻、テレビブロス週刊文春、週プレ、ルーズリーフを買う。

帰宅後、沐浴。「あかり」の顔にシャワーがかかりギャン泣きされ、出る前に湯船に入っていたら、頭がガクッとなって浴槽のヘリに当たりながら顔が湯船に入ってしまう。ギャン泣き。何ともなさそうで安心したが、明日からは気をつけたい。

土曜日に発送して修理に出していたプレーヤーが早くも帰ってきた(18,360円!)ので、久しぶりにマイ・ミュージック・ライフが復活した。

「Modern Times」の他に3枚買ったし、Queen Of The Stone Ageなど聴いてないCDはたくさんあるが、来週Beckの新作が届くまでは、「Modern Times」を繰り返し聴くことにする。

妻が寝て、「オシムの言葉」を読みはじめたが、うたた寝してしまう。24時30分ころ「あかり」にミルクをやってから寝た。

午前中は私の父親が「あかり」を見ていたがミルクの量が少なく、私がミルクをあげるのも24時を過ぎてしまったから、今日は540しか飲めてないと妻はイライラしていた。


10月6日(金)

めざましテレビの音声を消しながら「Modern Times」を聴いた。最高のスタート。

このブログには1日あたり200超えのアクセスがあったが、先週あたりから150前後のアクセス数になっている。日記しか載せてないし150で十分。

テレビブロスでTyler,the Creator新作の日本盤が出たことを知ったので注文する。ネックストラップ付きなのが嬉しい。一緒にRAU DEFの新譜も注文するが在庫切れなので届くのを待ちたい。


10月7日(土)

妻の通院に付き添い三人で病院に行く。

病院からの帰り「西松屋」によってベビー服(約1,300円)やおもちゃやバウンサー(動かないタイプの揺りかごなので約5,000円。父親が実家用に買った動くタイプは約20,000円。電動で動くタイプもあるらしい)を買う。

帰宅後、昼寝などをしたのかもしれないが連休の3日間は似たような過ごし方をしたので、その辺がはっきりしない。

スーパーに食材やオムツを買いに行ったが、それが何時ころだったか忘れる。


10月8日(日)

地区の行事で朝から出かけ、慰労会を中抜けしながら帰宅。

帰宅して早々にビールを飲んだので以降は外に出ないで過ごした。


今週の「あかり」

今までは「抱く」か「寝かせる」の2択しかなかったが、バウンサーを買ったので選択肢が増える。ミルクか寝たいだかで泣く時はあるが、だいたいの時間は機嫌よく過ごしている。

大きな声をあげて笑ったり、大きな声でアーとかウーとかクーイングと呼ばれる声を定期的に発している。

入浴はたまに泣く時もあるが、身体を伸ばして頭をぶつけないように気を付けながら一緒に入っている。半分湯に浸かった股間から水流が見えたので、入浴中におしっこしてることもある模様。

オムツは今までパンパースだったが、腰回りか太もも回りがきつそうと言うからムーニーを買ってみた。パンパースは「しまじろう」柄で、ムーニーは「プーさん」柄であった。ムーニーの方が好みのデザインであった。


今週読み終った本
「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」服部昇大


今週買った本
「3日目のワインがいちばんおいしい」渡辺良平
「リスクと生きる、死者と生きる」石戸諭
「A子さんの恋人 #4」近藤聡乃
「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」服部昇大
大橋裕之の1P」大橋裕之
オシムの言葉 増補改訂版」木村元彦
「PITCH LEVEL」岩政大樹
KAMINOGE」巻頭インタビュー:ザ・クロマニヨンズ
ユリイカ」特集:大根仁
「クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方」海老原嗣生
「すべての疲労は脳が原因 3」梶本修身
「心に響く英語のことわざ・名言100」レベッカミルナー
5W1H思考」
「CITY #3」あらゐけいいち


今週買ったCD
「Modern Times」PUNPEE
「THE GIFT」Hi-Standard
ASPARAGUSASPARAGUS
奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」

あかり、育つ(#17/17年9月25日~)

9月25日(月)

連載開始にあたって、編集部から「定点観測の定点」をハッキリさせましょう、と助言をもらった。たしかにそうだ。単に男性の育児について綴るだけなら、すでに良いものがあるんだし。育児の先輩なんて周りにたくさんいるんだし。うーむ、この俺が何かを書く意義って何だ?と考えたとき、それは「育児について書く」ではなくて「育児『休業』について書く」ってことかな、と思った。

「電通報」で連載されている「男コピーライター、育休をとる。」(魚返洋平)の中にこの一節があった。

「定点観測の定点」をハッキリさせましょう、という言葉が印象に残りました。

この「あかり、育つ」は何となくではじまっているんですが、それでも「定点観測の定点」がどこにあるかを考えました。

あるとすれば、生活の中での育児の入り込み具合が、この「あかり、育つ」における定点です。

理由は後付けですが、タイトルも「育てる」ではなく「育つ」となっています。私が育てるわけではなくて、勝手に育っていくのを伴走するような感覚です。

仕事いってれば朝出て夕方に帰る生活になり、「あかり」の元気な瞬間は見逃してばかりです。定点観測の定点は、自分です。自分がどう動いたかを綴っています。

「あかり」がしゃべるようになれば、「あかり」のエピソードが占める割合も増えていくんでしょうが、入浴してミルク飲んだら寝る生活だから、自分のことばかりを書いています。情けなくはなってないです。

育児本は育児について切り取ってあるから、どれを読んでも子育てに励んでいる姿が記録されている気がします。そこまで立派にはなれない、等身大の自分がこの「あかり、育つ」に出てくればいいように思う。

「こうなることが自分の人生経験上予測できるから、子どもに対して事前に禁止する」という子育てを私は受けてきました。そのことによって生じた弊害というのは幾つもあって、最近になってようやく抜け始めているくらいの重い呪縛です。

子どもがお金なさそうだったら、そのことを追及するのではなく、黙って幾ばくかのお金を渡すようなことが出来ればいいと思っています。

転んで怪我することもあるだろうけど、今の医療を私は信頼しているし、なんとか育っていってほしい。

帰宅して「あかり」と入浴。入浴後、泣いていたのでミルクを与えるが泣きやまなかった。泣きやまないどころかお腹がパンパンになっていた。最近、飲む量は増えているが自力で出すことが減っているためだろう。

日中は実家に預けているが、ミルクを飲ませる間隔が2時間くらいで短いと妻は不満気。泣いたらすぐミルクという発想になっているのではないか、気を紛らすことをして欲しい、というのが妻の主張。私は仕事に、妻は病院に行かなければいけないし、その時の状況は分からないし、任せなきゃいけない以上は任せるしかないんじゃないか、と言うけれど納得していない様子。

ベビーカーあればいいと言うが、何でもいいわけではないだろうし、、、、。


9月26日(火)

起きてから忙しい中であったが、自力排便のない「あかり」の肛門に綿棒を突っ込んで、排便を促した。

妻は治療スパンの8日目にあたるため早く病院に行く必要があり、7時頃にアパートを出て「あかり」を預けに出かけて行った。

帰宅すると「あかり」は寝ていた。少ししてから入浴。先にあがった「あかり」の泣く声が聞こえた。

最終週ということで録画した「ひよっこ」の月曜日分を見て、その次に火曜日分を見たところで「あかり」が泣き出したので、2階に連れて行き寝かしつけを頑張る。頑張りきれずに妻に委ねる。

なんとなく本を読んだり、ネット見てから就寝。


9月27日(水)

f:id:tabun-hayai:20171002192350j:image

f:id:tabun-hayai:20171002192351j:image

今日明日は妻が病院に行かなくていいから時間があったので、AbemaTVのビデオで「フリースタイルダンジョン」。呂布カルマが「もしACEが滑ったら俺が行くつもりだった」「ID良かったね」と言ったところしか印象に残らない回であった。
普段はライブを早送りしてしまうが、バトルがあんまりだったし「サ上とロ吉」だったので見た。繰り返し見ることはないのかなと思った。

昨晩は一昨日に比べて1時間くらい寝るのが遅かったから、6時ころに泣いてミルクをあげたら再び寝ていて機嫌のいい「あかり」には出会えずに出勤している。

 「帰ってきた炎の営業日誌」杉江由次

9月25日(月)

西荻窪の今野書店や荻窪のTitleを覗くと、この町に住んでいる人が羨ましくなる。羨ましいけれども、我が家の近所にもなんのヘンテツもないツタヤがあり、ここは配本と本部主導の選書の意思のまったく感じられないお店なのだけれど、それでも私にとっては今野書店さんやTitleさんに負けない心の灯台なのだった。

仕事帰りや休日にまったくオフな気分でツタヤに向かい、あれもない、これもないと嘆きつつ、しょうがないこれでも買ってくかと買い求めた文庫本や雑誌から私はたくさんの発見をしてきたのだ。子どもの頃を思い出せば、本なんて近所の五坪の本屋さんにある本がすべてだったではないか。

「今そこにあるサッカーを愛せ!」とはJFLホンダロックSCのサポーター、ロック総統の言葉であるが、この言を借りるなら、「今そこにある本屋さんを愛せ!」と叫びたい。

しかしそんなことを言えるは都心で働いているからかもしれない。いざとなれば、いや、いつでも私は好きな本を買える環境にあるのだ。一度広い世界を知ってしまった人間はきっと耐えられないだろう。もし都心で働くことをやめたら、私はきっとAmazonのヘビーユーザーになるだろう。あるいは本との接点が減って、読まなくなってしまうかもしれない。

都心で働いていない私は、AmazonE-honタワレコオンラインのヘビーユーザーです。

最近は徒歩で通勤しているので、ポスト・マローン、21 Savage「rockstar」をSpotifyでリピート再生しながら帰宅した。いい曲であったが、派手さはないのにヒットしているんだから、アメリカスゲーって思った。

帰宅して昼間の「あかり」の様子を聞く。何度か昼寝したり、夕方抱いていたら自分で排泄したという。

その後、「あかり」と入浴し、夕食を食べ、寝かしつけるために抱いていたがなかなか寝付かず体力が限界に達したので妻と交代した。

アパートのリビングは電波の入りが悪いので2階の寝室でメールなどを確認する。

21時30分ころ下におりて読書しながら「水曜日のダウンタウン」を待ち、見てから寝た。

出血を伴う痔がボラギノールのおかげで収まったと思ったら、今度は尾てい骨あたりが痛くなり、肛門近くに便の溜まっている感覚はあるが、想定する量の排便にはなってないし、、、、どうなっているんだ。

出血あるのは内痔核で、痛みあるのは外痔核。両方か、、、。


9月28日(木)

hikoさんの「最近のこと」を拝読すると自分との状況の違いに改めて愕然とする。「あかり」産まれた現在となっては真似もできないんだけれど、愕然としながら参考にできる部分だけ取り入れさせてもらっています。

私のカルチャー・ライフ、今は自宅のCDプレーヤーが壊れているので修理に出すまでCDはお預けだし、映画とライブは昨年11月に「ミュージアム」とアナログフィッシュを見た以来だから1年近く行ってないし、テレビは週に10番組も見てないし、今月は「MUSICA」くらいしか雑誌買ってないし、カルチャーとの接点はどこにいったのでしょうか。せめて、買い忘れている「POPEYE」は探して買います。

せめてもの抵抗として、帰りにローソン寄ってハイスタのバンドスコアを印刷しようと思う。セブンは昨日で期限切れてたから確実に、、、。

と思ってたのにネットプリント用のコードをメモした紙を職場に忘れ、挙句、スマホICカードを読み取らなくなるという事態が発生したため、バンドスコア印刷はできなかった。

仕方なく寄り道せずに帰宅して「あかり」とお風呂に入り、夕食食べて、寝かしつけ、「もろもろのはなし」の録画や「ダウンタウンDX」見ながら本を読んでから寝た。

ダウンタウンDX」は離婚とか別れの話題が出るたびに袴田を抜くカメラワークがうざかった。柏木由紀レベルでも内側とはいえ後列に座らせられてしまうのが残念だった。

とんねるず30周年」は録画したけれども、タモリやたけしを引っ張って昔のキャラを出せばスペシャルになると思ってんなら、もう終わってくんないかな。フジテレビの上層部はとんねるずに弱みを握られてるの?

先週のECDさんの「フリースタイル・ダンジョン」に対するツイートが反響を呼んでいたようで驚く。ECDさんの見解は「楽しさがない」というもので、ビジネスマンになったジブラの「真剣勝負だから審査員は厳しい顔になる」という見解が平行するのは当然のことです。どっちが正解ってわけではないのに、ECDさんの「フリースタイル・ダンジョン」に対する考えを変えさせようという人の多いことに驚きます。

ECDさんの見たバトルがSURRYと裂固というショボメのだったことが良くなかったんではないか。その次のFORK、あるいは呂布カルマを見れば、そこまでダメとは言い切らなかったんじゃないかと思う。毎週放送を続ける以上バトルの出来にムラが起きるのは仕方ないことで、ECDさんに言葉をかけるなら「こっちのバトルを見て欲しい」ということではないだろうか。


9月29日(金)

通勤時に銀杏BOYZの「恋と永遠」を聴いた。カップリングはクリープハイプ「二十九、三十」のカバーだったけど、「恋と永遠」が良すぎたので途中で聴くのをやめて「rockstar」にしたら職場についた。


9月30日(土)

朝から妻が病院に注射を打ちに行っている間、「あかり」と2人で過ごす。ぐずった記憶はないが、抱っこしているときに唸ってうんちしたので、ぐずったから抱いたのかもしれない。

妻が帰宅したのでCDプレーヤーを郵便局に出しに行った。

呂布カルマがとんねるずの番組のことで主義・主張を展開していた。そのなかで、呂布カルマはフランク・オーシャンを知らないと言っていて驚く。呂布カルマの曲はDJ KRUSHとSTUTSのアルバムに客演した2曲しか知らないし「知らないから何なの?」と言われれば返す言葉はないんですが、、、。

10月1日(日)

朝からイベントだったので出かける。「あかり」は妻の母親にアパートへ来て見てくれるようお願いした。

起きた時は怪しかったが、帰宅したら妻の機嫌が戻っていて良かった。

夜7時から「キング・オブ・コント」の前番組を見はじめるも、妻が腹痛を訴えたので「あかり」を寝かしつけることに。いい線までいったが、布団に置くと泣きだして、みかねた妻と交代した。その後、再度抱いて寝かしつけた。

再度「キング・オブ・コント」を見る。スポンサーであるスマホゲーム(グランブルー?)関連のCMが多かったので、他番組をザッピングで見た。4チャンはタレント俳優を寄せ集めただけの番組で疲れそうだったのでやめた。NEWS小山がキャスターやっていたことを知る。5チャンは母1人子供たくさんの賃貸住宅のリフォーム。壁に穴が開きまくっていて、リフォーム前はよく住んでいたなと感心する物件。髪は伸びたら切らなきゃだめだし、靴が古くなったら買い換えなきゃダメだと改めて思う。8チャンは、警察24時。沖縄の密売人逮捕のとこの最後をみた。

「キング・オブ・コント」最初の何組かしか見てないけれど、審査自体は順当だったように思う。ジャングルポケットのネタは、エレベータの低すぎることが気になってしまった。ネタには関係ないけど、リアリティが薄くなっていた。にゃんこスターについては、オチのつけ方が100点だった。リズムネタとしては、ドランクドラゴンの流れ?

テレビ消して本読んでたら眠くなり、ソファーでうたた寝してしまったので、慌てて2階へあがって寝る。

 

今週読み終った本

「自分を劇的に成長させる! PDCAノート」岡村拓朗
「あたらしい分かり方」佐藤雅彦
「広告コピーってこう書くんだ!相談室(袋とじつき)」谷山雅計


今週買った本

「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」見城徹藤田晋
「オカマだけどOLやってます。」能町みね子
「くすぶれ!モテない系能町みね子
「 戸越銀座でつかまえて」星野博美
「気になる部分」岸本佐知子
「友がみな我よりえらく見える日は」上原隆
 以上5冊は、図書館のイベントでやっていたガレージセールで1冊10円で売られていた。上原隆は祖母が愛読しているので。

「クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法」デイヴィッド・ケリー、トム・ケリー
「藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない」藤岡拓太郎
「10倍速く書ける 超スピード文章術」上阪 徹
「大きい犬 」スケラッコ
「他人の始まり 因果の終わり」ECD