藤原嗚呼子「きまじめ姫と文房具王子」

f:id:tabun-hayai:20180221115738j:plain

店頭で見かけたときは表紙の感じからファンシーな作品なのかという印象を受けましたが、文房具好きなので抵抗できず購入しました。

読了後に掲載誌を確認したら「月刊スピリッツ」でした。ドラマ化された「重版出来」が有名ですが、他にも「阿・吽」や「映像研には手を出すな」、「へんなものみっけ!」が連載されている雑誌であり毎年の年間ベストランキングを賑わす作品が連載されている雑誌です。「SK8R'S」の連載が再開されたら定期購読しますが、ネットの真偽不明な情報では再開しそうになく、、、。

さて、本作「きまじめ姫と文房具王子」は、文房具に関心をもっていなかった京都の大学講師の「きまじめ姫」がマニアでありコレクターでもある「文房具王子」や大学の文房具同好会の面々に振り回されながらも文房具の魅力に気づいていく構成です。

この構造は、同じ版元(小学館)から発行された「鉄子の旅」を思い出させます。「鉄子の旅」は作者が鉄道ライターの横見浩彦に振り回されながらも熱に感化されていくエッセイ漫画でした。

さて、本作はタイトルに「文房具王子」とあり、以下に引用した目次からもわかるように、小道具として数々の文房具が登場します。

1話 万年筆 #1
2話 万年筆 #2
3話 修正液 #1
4話 修正液 #2
5話 ノート #1
6話 ノート #2
7話 付箋
8話 筆箱

「鉄道オタク」といっても乗り鉄撮り鉄、時刻表、全駅下車、、、といった区分けがあるように、「文房具」にも多様な種類があります。

私についていえば、1巻収録のジャンルでいうと、万年筆と修正液はそんなんでもなく、ノートはドストライクで、付箋も結構買ってます。

万年筆は普段使いしないし、凝るには高すぎるので、私は「ペリカーノジュニア(ペリカン)」と「kakuno(PILOT)」を持ってるだけです。字を書く時は私的な場面が多く、間違えた際にわざわざ修正液を使うこともないので修正テープをたまに使うだけです。

1話から4話の万年筆、修正液は過去の製品紹介が主でしたが、5話目から7話目はノート、付箋それぞれの最新商品が紹介されていました。

影響されて、神戸派計画のノートを買いました。

今後は、ボールペン、シャーペンといったメジャーどころの登場を楽しみにしています。作品のなかで、同好会からサークルへの格上げ申請の際に「新しい文房具の開発」という目標が出ました。これは文具メーカーとコラボして製品を発売するというフラグが立ったと理解して良いのでしょうか?

表紙のイラストでは人物の他に文房具も描かれていますが、具体的にどのメーカーの何々と判別できるほどに、文房具のフォルムには個性が見て取れます。もしかすると、私がマニアの領域に入っているから気づけてしまうのかもしれません、、、。

そして、カバーを外すと、ノート、ペンなど10種類の文房具が机の上に並べられているかのようなイラストが描いてあります。
その中に愛用(所持)している「クリップココフセン(カンミ堂)」「LAMY サファリ」「ソフトリングノート(コクヨ)」の姿を確認しました。

ちなみに、私の最近のお気に入りの文房具は水性ペンの「トラディオ・プラマン(ぺんてる)」です。建築家の谷尻誠さんがラジオで愛用していると話していたのを聞き、買いました。さすがの書き味であり、最高です。

pentel.blog.jp

ストーリーは一話か二話で完結しますが、文房具を語る登場人物の熱が推進力となり、飽きることなくすぐに続きが読みたくなります。

文房具に関心のある人でも新しい文房具に出会えるし、関心が薄い人でも何らかのこだわりに気づける作品です。

2巻はまだか?

「みずず」2018年1・2月合併号「読書アンケート特集」

2017年2月16日付のエントリの冒頭を引用します。

みずず」2017年1・2月合併号「読書アンケート特集」

年末に各誌で発表される「年間ベスト」。
その末尾を締めるのは、みすず書房が発行するPR誌「みすず」の「読書アンケート特集号」。今号では146名の方が5冊以内という規定の中で選んでいます。
本の雑誌」や「ダ・ヴィンチ」でランクインするエンタメ小説はほとんど紹介されず、学術系の書籍が中心になるのが「みずす」の特徴です。
(年間ベストといえば、マガジンハウスが発行していた雑誌「ダカーポ」で発表していたBook Of The Year。休刊後はWebで発表していたけれど、14年を最後に発表されてないので、ぜひとも復活して欲しい)

tabun-hayai.hatenablog.com

 

私の行動範囲に置いている書店がないので、昨年は、みすず書房に410円分の切手を送って入手した「みすず」。

そろそろ「みすず」の読書アンケート特集号が発行される時期だなと思って「みすず書房」のHPを確認し、住所をメモしたけど、切手を用意しそびれたまま何日か過ぎてしまいました。
そんな折の2月9日(金)、BRAHMAN日本武道館公演前にジュンク堂書店池袋本店に寄ったら読書アンケート特集号の「みすず」が平積みされていたので買い求めました。

f:id:tabun-hayai:20180221112630j:plain

今年は145名の方が選んでいました。外岡秀俊服部文祥、辻山良雄、ブレイディみかこ坪内祐三と著作を読んだことのある方もいますが、大半は名前すら存じ上げない方々ばかりです。

改めて目を通すと、つくづく世界の広がりを実感します。

複数の新聞の書評欄で紹介され、紀伊國屋書店主催の「じんぶん大賞2018」でも上位になった國分功一郎『中動態の世界 意志と責任の考古学』、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』、松村圭一郎『うしろめたさの人類学』、千葉雅也『勉強の哲学』などを紹介している方もいますが、大半は初めて書名を知る書籍ばかりです。

2018年版には、みすず書房から著作を刊行したブレイディみかこさんもアンケートに応えていますが、英字の翻訳もされていない書籍を紹介していました。
ブレイディみかこさんと交流をもった松尾匡がブレイディさんの著作3冊を取り上げたのを筆頭に、他にも2名がブレイディさんの著作を取り上げていました。


服部文祥さんが、石塚真一BLUE GIANT SUPREME』を挙げていました。
「ジャズマンガ。ヨーロッパ編になったが、変わらず一〇日と二五日(ビッグコミック発売日)を楽しみにしている。」

私が昨年推測したことは、その通りだったわけです。

服部文祥(登山家・作家)が石塚真一BLUE GIANT』を選んでいました。

寄せられたコメントは「ジャズマンガ。ユキノリの境遇はあんまりです」。

コメントで触れられた「ユキノリの境遇」とは、17年3月に刊行される10巻に収録されるエピソードのことだと思いますので、このことから服部文祥さんは「ビッグコミック」本誌で『BLUE GIANT』を読んでいることが分かります。

 

上野千鶴子がヘイドン・ホワイト『メタヒストリー』、『実用的な過去』を挙げ、「ヘイドン・ホワイトの翻訳が二冊刊行。」と書いていました。
読み進めていくと、柿沼敏江が「今年は大著『メタヒストリー』をはじめ、ヘイドン・ホワイトの翻訳本が三冊出版された」と書き、『歴史の喩法』を挙げていました。
断定して間違える上野先生を発見したわけです。

 

阿部日奈子が藤崎彩織『ふたご』を取り上げていました。

「愛の不均衡。だが、取り繕いようもない裸の心は、この不均衡な磁場でこそ見えてくるのかもしれない。十代で出会い、自分の言葉が通じるのはこの相手だけと直感的に選び合った男女の、手探りで匍匐前進するような歳月が冷静な筆致で綴られる。自分も相手も生き延びさせるために受け身で持ちこたえ、事態を覆してゆくヒロインの勁さに胸打たれた。」

 

坪内祐三さんが後藤明生『アミダクジ式ゴトウメイセイ』を選出していました。
5冊以内という依頼に対して、1冊についてのみ書いてありました。後藤明生『壁の中』新装版刊行の新聞広告で坪内祐三さんの名前は確認済みであり、その流れからの選出であることもうかがえます。紹介しつつ、今の文藝誌で取り上げられない事を嘆いていました。あい変わらずだなとも思うし、言い続けることの重要さも実感します。


買ったところで手におえないのに、買いたい本が増えるだけだから、こういうベストは手をださないようにしたいのが本音である。けれど、「これが1位は納得」「順位低すぎ」とか言いたいんだよな。

2018年2月9日(金)BRAHMAN 「八面玲瓏」@日本武道館

BRAHMAN日本武道館公演「八面玲瓏」に多くのゲストが出演することが発表され、その中にはTHA BLUE HERBILL-BOSSTINOも含まれていました。
THA BOSSがゲストってことは「ラストダンス」が演奏されるってことなので、「今夜/ナミノウタゲ」という直前のシングルが素晴らしかったこともあり、チケットが残っているようだったから、仕事休んで行くことにしました。
ローソンで購入したのは2月2日。ステージは八方向それぞれに漢字が割り振られているとのことで、割り振られたブロックは「狐」で、方角は「北東」でした。

 

私がBRAHMANの公演に足を運ぶのは2回目です。1度目は12年9月9日(日)に出演した「りんご音楽祭」。その際はMCで「もっと規模の大きいフェスにも呼ばれていたが、BRAHMANの半分(MAKOTOとRONZI)は松本市出身だからこっちを選んだ」という旨のことを言っていました。

 

ライブ・レポートについては、石井恵梨子さんの玉稿を参照してください。

rollingstonejapan.com石井恵梨子さんの過去を踏まえて、内部にも密着した素晴らしい原稿があるので、このエントリは素人目線で感じたことを好き勝手書かせてもらいました。

 

 

・ 17時ころに会場に着いて早速グッズ売り場に並びましたが、既に売り切れの商品が多くありました。4色あるTシャツのうちの3色、八面玲瓏に則した八角形のタオル、「ブラフ麺」等が売り切れていました。せっかくの日本武道館公演なのに発注数が少なすぎです。

・ 19時の開演に余裕があったので夕飯食べようと九段下駅に戻り、ふらふらと手頃な店を物色し、見つけたのが「タンメンしゃきしゃき 九段下店」。タンメン、ギョーザ、生ビール。100点。

・  「北エリア」入口では「ブラフ麺」を配布しているようでした。ドラムの背中側になる北エリアに対して「麺」と漢字を振り、「ブラフ麺」を追加でプレゼントする優しさ!

・ 暗転した途端に指定席なのに立ち上がる私の周囲の皆さん!間からステージ見れたので私が立ったのはTHA BOSSの時のみ。座れるのに公演を通して立っている意味とは!

・ 1曲目の「The Only Way」と「ラストダンス」に客演したILL-BOSSTINOの音声が割れていて聞き取りにくかった。特にTHA BOSSの声が聞き取りにくかったのが残念。

・ 途中でペットボトルがステージに投げ込まれていたのが残念。スタッフがすぐに回収したから中断することはなかったけれど、、、。

・ アルバム「梵唄 -bonbai-」、「梵唄 -bonbai-」には収録されなかった「ラストダンス」に参加したゲストが今回の公演でも客演していました。色々なライブレポートを読むとゲストが客演した際はその曲以外も演奏したり、MCで馴れ初めとかの会話があるのが通常です。

しかし、今回は呼びこまれることがなく、参加した曲がはじまるとステージにあがってきて、参加した曲を歌い演奏し、終わるとメンバーと握手して、TOSHI-LOWから「○○でしたっ!」と言われてステージを降りて行きました。
 あくまでメインはBRAHMANで、90秒や数分のために札幌から上京してBRAHMANに華を添えるSLANGのKOやTHA BOSSに胸をうたれました。

・ 東京スカパラダイスオーケストラ・ホーンズの4人と細美武士の華やかさが印象に残る。
 
・ 映画「ブラフマン」のTシャツの背中には三日月が描かれていて、今回の公演では「満月の夕」が披露されました。

・ 本編の最終曲は、「梵唄 -bonbai-」の1曲目に収録された「真善美」。曲の終わりでTOSHI-LOW以外のメンバーが散り散りにステージを降りて行きました。最後はアカペラになり、歌い終わりとともにマイクを手放し、マイクが床に落ちたゴツンという音とともに照明が落ちる。エンドロールのような出演者紹介のような映像が流れて客電がつき終了しました。
アンコールを催促する手拍子が何度かおきましたが、他に聴きたい曲は私にはありませんでした。BRAHMANらしい終わり方でした。
それでも、アンコールを催促するのは何なの?あれでアンコールに出てきていたら、BRAHMANに幻滅しただろうな。

・ 外に出ようとする通路の途中で、LOW-IQ 01さんが写真攻めにあっていた、、、。

・ 「超克」から「梵唄 -bonbai-」リリースまでに発表された曲は予習として繰り返し聴いていましたが、「超克」やライブの定番曲についてももっと聴きこんでおけば良かったと感じました。「梵匿-bonnoku」と題されたツアーが始まるので、それまでに聴きこんでおきます。

 

 

2階席後方で、ステージまで距離があったからBRAHMANメンバーやゲストは小さくしか見えませんでした。とはいえステージあがったのはメンバーとゲストだけであったため、純粋にステージを堪能することができました。
30後半でライブに通いなれてないからアリーナスタンディングでグチャグチャになりながら観るのは最初っから避けてしまうので、暴れたりなかったという不満はありません。
「右も左も、上も下も、過去も未来もなく、あるのは今ここだけ」、「武道館公演を今まで経験してきたビートルズからの歴史のつながりを受けて今回の公演が出来ている。次につなげていくために、客席に飛び込めないのは不本意ではない。本意である」というような内容のMCが心に残っています。

作品にほとんどゲストを呼んでこなかったBRAHMANが人の手を借りるようになったからこそ実現した日本武道館公演です。宇多田ヒカルが「ファントーム」でKOHH小袋成彬椎名林檎を招いたことを思い出します。
1人で進む方が気楽だから、誰かの手を借りることには躊躇いもあるけれど、その躊躇いを乗り越えた先の光景を見ることができました。BRAHMANが躊躇いを乗り越えられたのは東日本大震災という外圧によるものだけれど、受け入れて、できることをし続けるBRAHMANの姿に背中を押されます。

「梵唄-bonbai-」特典のMCダイジェストCDで、「個と個」で動いているという旨のことをTOSHI-LOWが言っていました。大きな状況に対峙するのではなく、個と個のつながりのなかでできることをする。

バンドが永遠に続かないことを知っているBRAHMANに胸打たれる一夜でした。

 

 

01. THE ONLY WAY (ANTINOMY)
02. 雷同 (梵唄 -bonbai-)
03. 賽の河原 (超克)
04. BASIS (A FORLORN HOPE
05. SEE OFF (ETERNAL RECURRENCE)
06. BEYOND THE MOUNTAIN (ETERNAL RECURRENCE)
07. DEEP (A FORLORN HOPE
08. SPECULATION (ANTINOMY)
09. 其限 (梵唄 -bonbai-)
10. 怒涛の彼方 (梵唄 -bonbai-)
11. AFTER-SENSATION (梵唄 -bonbai-)
12. 終夜 (其限 〜sorekiri〜(sg))
13. ナミノウタゲ (梵唄 -bonbai-)
14. A WHITE DEEP MORNING (THE MIDDLE WAY)
15. 守破離 (梵唄 -bonbai-)
16. ラストダンス (不倶戴天-フグタイテン-(sg))
17. 不倶戴天 (梵唄 -bonbai-)
18. ARRIVAL TIME (A FORLORN HOPE
19. ANSWER FOR... (ETERNAL RECURRENCE)
20. 警醒 (超克)
21. 今夜 (梵唄 -bonbai-)
22. 満月の夕 (梵唄 -bonbai-)
23. 鼎の問 (超克)
24. FOR ONE'S LIFE (A FORLORN HOPE)

25. 真善美 (梵唄 -bonbai-)

25曲のうち、映画「ブラフマン」のために製作された「其限」以降の楽曲が12曲であり、ベスト盤のような選曲ではなく、現在に重きの置かれているセットリストでした。

 

先に石井恵梨子さんのライブレポを紹介しましたが、Real Soundに載った小野島大さんの原稿も素晴らしいできでした。ナタリー→石井さん→小野島さんの順に読むのをおすすめします。

natalie.mu

rollingstonejapan.com

realsound.jp

 

「ブレイディみかこ」が絶頂期に入っている

58f89c37748e5b4f5e00075a

毎月7日に4冊の「文藝誌」が同時に発売されていることは、どのくらい認知されている事なのでしょうか。

毎月7日の朝日新聞には4誌が並んだ広告が掲載されるので、朝日新聞を購読されている方はご存知かもです。

そもそも「文藝誌」とは、芥川賞に絡む作家の作品が掲載される雑誌です。「芥川賞に絡む」とは、過去に芥川賞を受賞したりノミネートされたりといったことです。小説の世界には純文学と大衆小説という棲み分けが依然としてあり、伊坂幸太郎の作品は「PK」「超人」「人間らしく」の3作しか文藝誌に掲載されたことがありません。

現在刊行されている文藝誌は毎月刊行されている「新潮」「群像」「文学界」「すばる」の他には、季刊の「文藝」(河出書房新社)、「TRIPPER」(朝日新聞出版)が思い浮かびます。

小説を通読することはめっきり少なくなってしまっているけれど、各文藝誌の毎号のラインナップを確認することは毎月(季節ごと)の楽しみになっています。

印象としては、「新潮」(新潮社)が格式高いけれど固くて、「群像」(講談社)は表紙からしてポップだから読みやすくて、「文学界」は対談がメインの印象があり、「すばる」(集英社)は前野健太が連載しているけれどランクが落ちる印象。

2月7日発売の3月号についていうと、「新潮」が2017年の日記リレー特集で、「文学界」には松尾スズキさんの新作小説と宇野維正さんの寄稿が掲載されることを事前に知ったので久しぶりに買うことを決めていました。

「新潮」と「文學界」は買うけれど他の2誌も確認するかと思って「群像」HPで最新号目次を確認すると「新連載 ブレイディみかこ」とありました。


ブレイディみかこさんが、またまた新しい連載をはじめていたのです。

ブレイディみかこさんはイギリス在住の保育士でありながら、ライターとして活動もしている方です。

個人的には、定期購読していた「ちくま」(筑摩書房)で2017年12月号から連載がはじまり驚いた直後、年明けすぐの「波」(新潮社)で連載がはじまったことを知り慌てて定期購読を申し込んだばかりです。

昨年末に、『子どもたちの階級闘争──ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(みすず書房)で第17回新潮ドキュメント賞を受賞し、エンジンかかりまくっているから編集者が声を掛けるのは当然なのだけれど、加速しすぎではないかと心配するほどの連載量です。

とはいえ、この連載量はいよいよ絶頂期に入ったことを告げています。ブロークン・ブリテンから日本の論壇の中心へ向かいだしました。

「群像」(講談社)「ブロークン・ブリテンに聞け」

「波」(新潮社)「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

「図書」(岩波書店)「女たちのテロル」

「ちくま」(筑摩書房)「ワイルドサイドをほっつき歩けーーハマータウンのおっさんたち」

「福音と世界」(新教出版社)「地のいと低きところにホサナ」

ブログで連載タイトルとともに紹介されていたのは、以上の5誌ですが、この他にも紙版の「ele-king」、朝日新聞でも年に3回程度ずつ原稿が掲載されていますし、Yahoo個人とかネットに載っている原稿もあります。

単著は、以下の8作品。ウィキペディアは最新作が漏れていました。

『花の命はノー・フューチャー』(碧天舎、2005/07/20)後に増補してちくま文庫(2017/6/10)
アナキズム・イン・ザ・UK』(Pヴァイン、2013/10/31)
『ザ・レフト──UK左翼セレブ列伝』(Pヴァイン、2014/12/20)
『ヨーロッパ・コーリング──地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店、2016/06/23) 
 ※紀伊國屋じんぶん大賞2017 第11位
『THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本』(太田出版、2016/08/17)
『子どもたちの階級闘争──ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(みすず書房、2017/04/19)
 ※ 第17回 新潮ドキュメント賞
『いまモリッシーを聴くということ』(Pヴァイン)、2017/04/28)
『労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱』(光文社新書、2017/10)

そろそろ紀伊國屋じんぶん大賞2018が発表になるころです。「労働者階級の反乱」のベスト10入りは確実なはずです。

 

私がブレイディみかこさんを知ったのは、2014年ころ。知った時は「花の命はノー・フューチャー」と「アナキズム・イン・ザ・UK」しか著作が刊行されてなかったので、2014年のどっかで知ったはずです。

アナキズム・イン・ザ・UK」を読み、単著がでたら買う作家のリスト入りしました。その後に読んだのは「ザ・レフト」と「いまモリッシーを聴くということ」くらいなので、批評とかはできませんが、今後の活躍を期待して、これまでの活動を纏めてみました。

感想を書く代わりに、印象に残っている記事のリンクを貼っておきます。

 

bunshun.jp3つめに『いまモリッシーを聴くということ』が紹介されています。

 

kangaeruhito.jp親交のある國分功一郎との対談。ブレイディみかこさんは自分の遍歴についても語っています。

津村記久子「ディス・イズ・ザ・デイ 最終節に向かう22人」(第5話~第9話)

tabun-hayai.hatenablog.com

第5話「篠村兄弟の恩寵」

奈良FC VS 伊勢志摩ユナイテッド

篠村靖(兄) & 篠村昭仁(弟)

兄弟で奈良FCに所属していた窓井のファンになったが、窓井の移籍とともに弟は伊勢志摩ユナイテッドのサポーターになり、兄はそのまま奈良FCのサポーターを続けた。


第6話「龍宮の友達」

白馬FC VS 熱海龍宮クラブ

睦美(イラストレーター兼ビル清掃のパート) & 細田(ビル清掃のパートの同僚)

睦美は実家のチーム・白馬FCのサポーター。細田さんは亡き夫が熱海竜宮クラブのサポーターだった。


第7話「権現様の弟、旅に出る」

遠野F VS 姫路FC

青木壮介 & 内藤親子(父と娘)

スタジアムに通っていることを会社バレしないように獅子頭を被って観戦する青木。ホーム初戦で頭を噛んでもらった内藤娘


第8話「また夜が明けるまで」

ヴァーレ浜松 VS モルゲン土佐

藤忍 & 広瀬文子

1部に昇格するかが気になって気持ちとは裏腹に高知行きの飛行機に乗ってしまった遠藤。高知空港で途方に暮れる遠藤に声を掛けた広瀬。広瀬は一緒に観戦しようとしていた彼氏に仕事が入り、成り行きで遠藤と高知観光したあとにスタジアムへ。


第9話「おばあちゃんの好きな選手」

松江04 VS 松戸アデランテロ

周治 & 周治の父方の祖母

数年前に周治の母方の祖母の葬儀に来ていた父方の祖母が松戸アデランテロのサポーターだと知る。母と父は離婚しており、祖母の存在が気になっていた周治は松江04が松戸アデランテロを迎える最終節に祖母を松江に招待する。 

朝日新聞に週1で掲載されている津村記久子「ディス・イズ・ザ・デイ」。先週末に第50回が掲載され、第9話まで終わりました。サッカーの2部リーグ、計22チームの最終節を1試合ずつ描いてきた本作なので、残すはあと2話です。いよいよ最終回が近づいてきました。

新聞やネットで試合結果や優勝チームを知るだけの私にとって、シーズンを通してスタジアムや球場に通うことを毎年繰り返し、同じチームの応援を続けるのは違う世界のことでしたが、この連載を通して少しずつ身近になってきました。

優勝に絡まなければ変化のない1年でしょ?と思いきや、似たような結果に終わったとしても、同じシーズンが繰り返されているわけではないのです。

チームとしては3部リーグへの降格や1部リーグへの昇格がかかっていたり、贔屓選手が活躍したり怪我したり、新人が入って来たり移籍したり引退したりということがあり、一方でサポーター個人としても仕事や私生活で色々起きて何らかの変化が生じています。

「ディス・イズ・ザ・デイ」の素晴らしさは幾つもあり、選手への注目の仕方もその一つなのですが、それ以上に人間関係の距離の描き方がつくづく素晴らしい。津村記久子は前々から人間関係の描き方が素晴らしかったのですが、今回が一つの到達点です。

作品の構成として、対戦チームのサポーター同士が最終試合のスタジアムに居合わせるのが各話に共通する流れです。チーム同士は勝ち負けを決めなくてはいけないから「VS」の関係になり、サポーターも全体でみるとチームに連動して「VS」の関係であるように見えます。とはいえ、個人レベルになると、目的は反対だけれど、自分の応援するチーム以外のチームの情報も入ってくるため、優劣が最優先ではなく、互いを尊重する関係性になっています。寛容であるとはこういうことです。

スタジアムに居合わせる2人のつながりは、いとこ、兄と弟、母と息子、祖母と孫といった血縁関係もあれば、バイトの同僚、同じ大学の同級生という顔見知り、最終節のスタジアム周辺でたまたま会っただけの関係もあります。

いずれの関係も応援しているチームが異なるため、FacebookTwitterのタイムライン上では生まれることのない関係です。スタジアムに通うことで生じた繋がりです。血縁関係がある場合も、それぞれの家や式で会っている時とは異なる一面、平野啓一郎が提唱するところの「分人」が顔を出して、いとこの抱える悩みや子どもの成長、祖母の自分への思いなどを知ることになります。

「選手への注目の仕方」というのは、サポーターが主人公の小説であるため、選手がどういう気持ちで最終節に臨んでいるかを語ることはなく、選手は試合するか雑誌にインタビューが載る以上の動きが描かれていない事です。スポーツ選手には、触れ合える距離まで、そう簡単には降りてきてほしくないのです。

小説の構成として最終節の試合を目指して話が進んでいるため、試合を迎えるまでのことに紙幅が割かれていて、試合終了と同時に各話が終わります。そのため「もう少しこの人たちの人生の続きが読みたいっ!」と毎回悶え、どの人も来年もスタジアムに通い、ここで新しい接点のできた2人は今後も交流が続くのかな?と想像したりします。

初見で読む時は各話の面白さに引っ張られて試合結果は二の次でしたが、シーズンの最終順位が決まる最終節であるから試合結果も重要だよなと気付いたけれど、切り抜きを捨てていないにせよ整理が悪いので散逸しています。

試合結果は単行本発行時に再読して確認しますが、単行本化の際は巻頭と巻末に最終節前後の順位表を掲載して欲しいものです。

子どもの本の国の豊かさ

昨年発行された小山健「お父さんクエスト」、山崎ナオコーラ「母ではなくて、親になる」、池谷裕二「パパは脳科学者」の3冊が育児本のジャンルでは今後長きに渡ってのベストです。これは確定です(ブック・オブ・ザ・イヤーで無視されてんのは何でだ?)。

tabun-hayai.hatenablog.com

「あかり」の産まれる前後から「育児本」が気になりだし、産まれて半年を過ぎた今は「絵本」が気になりだしました。

自分が親になったことで、育児本や絵本のシーンの充実ぶりに気づくようになりました。

私自身が親になった以外にも要因はあって、以下の2つが私の仮説です。

・作家(マンガ家、小説家、研究者)が親になった
・育児の悩みの解決方法や子育ての仕方の例を書籍に求めるようになった

前者について。
フィクションを主戦場にしている作家が、子どもが産まれたのを機に子どもについて書いてみたくなった/子どもについて書くことを依頼されたというケースがほとんどです。
小山健さんは連載に向けた打合せのなかで、妻が妊娠したから育児マンガを書いてみようかと提案し、傑作「お父さんクエスト」にまとまりました。

後者について。
子どもを持つ夫婦と交流をもつのがベストですし、手早いんですが、子どもの年齢が同じだからといって、親の年齢も同じであるとは限りません。第一子かそれ以降かの違いもあります。親の年齢を考慮に入れないにしても、その夫婦とベッタリになるのは面倒で、付かず離れずの関係を築く自信もないし、、、。何より地元の友だちが結婚してないし、子どももいないという、、、。
かつては子供がもっとたくさんいて、近所づきあいが頻繁にあって、勝手に情報が入って来たのかもしれないですが、アパート暮らしの現在は全くなので、育児本に救いを求めるようになりました。

私の場合は、以前から知っている作家が育児本を書くようになったので買いましたが、書店に行くと誰だよ?という著者のよくわからんふんわり系の本が山ほど溢れています。なかには私にしっくりくるのもあるんでしょうが、なかなか、、、。


「あかり」が7か月になり、何とかご飯食べてりゃ育つんじゃないのか?と楽観できてきて、育児本の決定版3冊が決まったことで、絵本に興味が移っています。

絵本というジャンルは、文庫本と同じくロングセラー作品(「だるまさん」シリーズ、「いないないばあ」、、、)も多いのですが、イラストレーターや小説家、広告が主戦場のデザイナーなど他のジャンルの作家が続々と絵本を製作するようになっています。カラーページのみなので、アートブックとしての趣もあるのでしょう。

「あかり」の産まれる前は、2014年に高野文子「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」、松本大洋「かないくん」が相次いで出版されたことを知った程度の接点(知識)しかありませんでした。

「あかり」が産まれてからは自分の趣味と子どものためという両輪に突き動かされて片っ端から手を出しています。

小沢健二「アイスクリームが溶ける前に」、伊坂幸太郎「クリスマスを探偵と」、大塚いちお「もののえほん」、「かたちのえほん」(3冊箱入り×2種類!)、鈴木康広「ぼくのにゃんた」、えぐちりか「パンのおうさま」、「パンのおうさまとシチューパン」、わたなべちなつ「ふしぎなにじ」、「かがみのサーカス」、谷川俊太郎×佐藤可士和「えじえじえじじえ」、田名網敬一「ハテナちゃんとふしぎのもり」、中村至男「どっとこ どうぶつえん」。

その他に小山健さんがTitterにあげた1ページマンガの余白に記した一言で紹介されていた「ゆびさしちゃん」、新聞広告が載っていた「ぱかっ!」も買いました。

買ってばかりではなく、住んでる自治体ではブックスタートということで絵本のプレゼントがあり、岸田衿子×堀内誠一「かにこちゃん」を選びました(もらったことをFacebookに載せたら堀内誠一さんの娘である堀内花子さんに届き、「いいね!」が来ました)。

今は、山崎ナオコーラ「かわいいおとうさん」、鈴木康広「りんごとけんだま」が気になっています。

絵本と一括りにしても、難易度についてはばらつきがあります。

「ぱかっ!」「ゆびさしちゃん」はそろそろわかってもらえそうで、「アイスクリームが溶ける前に」「クリスマスを探偵と」は大人向け。5段階に分けるとこんな感じでしょうか。


1 「ぱかっ!」「ゆびさしちゃん」
2 「もののえほん」「かたちのえほん」
3 「かがみのサーカス」「パンのおうさま」「かにこちゃん」「どっとこ どうぶつえん」
4 「ぼくのにゃんた」「ハテナちゃんとふしぎのもり」
5 「アイスクリームが溶ける前に」「クリスマスを探偵と」


熱心に色々買って読み聞かせても、7ヶ月の子どもは絵本すぐに舐めようとして慌てて止めて、もっと読んでとせがんではきません。

でも、まぁ、ゆっくりでいいんだ。

おとなになんか ならないで
ぼくのbaby ぼくのbaby

秘密のままで輝いて
ぼくのbaby ぼくのbaby

朝は素敵 いつも
夜は不思議 いつもそう

時はすぐにきみを
つかまえてしまう いつだって

曽我部恵一「おとなになんかならないで」

 

 

宇野維正「小沢健二の帰還」

f:id:tabun-hayai:20171222174039j:image

著者である宇野惟正さんのデビュー作にあたる「1998年の宇多田ヒカル」は総論的な作品で、2作目の「くるりのこと」は黒子として聞き手にまわった作品でした。そして、3作目にあたる本作のテーマは小沢健二について。
著者の小沢健二への追っかけ振りは、小沢健二の寄稿が掲載された「POPEYE」などを発売日の朝に入手していることを知っていたので、小沢健二への思い入れが強くない私でも読まなくては、、、と期待ばかりが高まりました。

小沢健二のことは、王子様イメージを作り上げた「HEY!HEY!HEY!」きっかけで知り、H Jungle with tが紅白出演時に画面に出てきて楽しそうにしていた姿を覚えているものの、音源に接したのは「BUZZ」で紹介されていた「天使たちのシーン」きっかけです。
H Jungleの紅白が95年末で、「BUZZ」が00年5月号です。この間に小沢健二は表舞台から姿を消していたため、小沢健二を知ったものの、初期のアルバム3枚と2017年リリースのシングル2枚しか入手していません。

そんな私でも本書はグイグイ読むことができました。

これほどの作品を書き上げてしまったら、宇野維正さんは「日本の音楽」についてこれ以上のものを書くことは不可能なんじゃないかと思ってしまったし、音楽について本を纏めようとしている人に対しては「基準」ができてしまったので大変になるなぁと思ってしまったほどです。
音楽についての書き手が1人のアーティスト、1つのバンドに絞ってまとた著作の例をほとんど知りません。
インタビューの聞き手になるか、柴那典「ヒットの崩壊」、磯部涼「ルポ 川崎」、石井恵梨子「東北ライブハウス大作戦」、レジ―「夏フェス革命」などのように何らかの現象についての著作が大半です。
1人のアーティストについて書くことすら難題なのに、最も気まぐれで、最も難解に見えたアーティストに挑み、着地に成功したのが本書です。
日本の音楽について宇野さんが著作を刊行することは本作をもって終わりで構わないので、今までのレビューをまとめたものと海外の音楽についてのもが読めることを期待します。

これ以上のものを書くことは不可能と思った理由は、小沢健二の発信する情報の量や発信方法が、宇野さんの情報受信力と噛み合っていたからです。

たとえば、宇多田ヒカル
ROCKIN’ON JAPAN」17年9月号で渋谷陽一のインタビュー受けていたし、そもそも拠点が海外にあって、日本の芸能界と距離のあるところから人間活動に入った宇多田ヒカルと、日本の芸能界のど真ん中にいた小沢健二の空白は意味が違います。
また、人間期間中の情報は、結婚して妊娠して出産して子育てして、ということが断続的に本人から発表されたのみでした。

たとえば、安室奈美恵
活動の全てをライブにおき、テレビにも出なければ雑誌のインタビューにも応じていません。引退を発表したことでNHKのインタビューに応じ、紅白歌合戦へ出演することとなりました。ライブではMCをしていないようで、言葉の人ではなく、純度の高すぎるパフォーマーなのだと感じました。

その他は、新曲を発表して雑誌のインタビューに応じ、フェスや歌番組に出演し、アルバムをリリースしてラジオのプロモーションをするというお決まりの流れを踏襲したミュージシャンやバンドばかりです。

ツイッターで発信するミュージシャンも増えていますが、ツイッターは文字数に制限があるためか、出来事への意見を言うことはあっても、誤読される危険性をはらんでいるためか、自分の考えの深いところまでを発表するツールとしては使われていません。

まとまって読めるものとして出版物がありますが、ミュージシャン本人が関わる出版物の多くは、インタビュー、歌詞集、小説、身辺雑記、スコアブックのどれかに分類されます。「くるりのこと」はインタビューで、「モア・ビート」「象牙の塔」は歌詞集で、「てんてんこまちが瞬間速」「祐介」「ふたご」は小説で、「苦汁100%」「100年後」「少年ジャンク」は身辺雑記です。後藤正文「YOROZU」は分類不能です。

そして、小沢健二

天使たちのシーン」きっかけで私が初期の3枚を入手後も、小沢健二は時折CDをリリースしていましたが、買わないまま過ぎていきました。再び小沢健二のことが気になりだしたのは、「さらば雑司ヶ谷」で小沢健二のエピソードが紹介されていたからです。

小説の中の小沢健二エピソードが雑誌「SIGHT」の書評対談などで紹介されたのち、小沢健二の文章を読むようになりました。
読むようになったといってもサイトに発表されたもの、新聞の全面広告、マガジンハウスの雑誌へ寄稿されたものしか読んでませんが、いずれも単行本になるだけの分量はないのに、新しい考え方を提示させる内容のものばかりでした。

身の回りで起きたことを入り口にしながら、思想とか文化についての話になっていくため、身辺雑記で括るとはみ出すものが大きすぎ、どのジャンルにおけばいいのかわからなくなります。

私と違って著者は、書店で見かけない雑誌に連載された思想について語る文章や、スマホ以前のネットの世界に投稿されたブログ、かつて連載していた雑誌への寄稿、突然のテレビ出演、自前の映画鑑賞会などをリアルタイムで視聴し、閲覧し、読み、体験しながら、小沢健二の輪郭を結んでいきます。

坪内祐三さんは「探訪記者 松崎天民」を書くにあたって、明治時代の空気感を掴むために早稲田大学図書館で明治に発行された雑誌のバックナンバーを数年分というまとまった量で読んだと書いてありました。

GoogleYouTube国会図書館大宅文庫で検索して出てきたものを繋いだだけでは、「小沢健二の帰還」を書き上げることはできないはずです。そもそも現時点でもアクセスできる情報は、本書の半分にも満たないように感じます。

対象本人が語りすぎていたら実像を結ぶ必要が薄れるし、全く情報がなかったら書くための手掛かりにもなりません。あわせて、受け手が興味・関心を持続させることも必要になります。

小沢健二の帰還」は、小沢健二が誰かに線を結んでもらうために張り巡らしたかのような伏線を、宇野維正さんが丁寧に回収していった一冊です。対象と書き手が噛み合った幸福な一冊です。

内容について私が補足したり、安易にまとめたり、孫引きする必要は感じませんでしたし、その余地も残っていませんでした。

小沢健二に本書へのコメントを求めて断られたとあったけれど、自分のことについて正確に書かれた作品に対してはコメントしないのが肯定の証であるように思う。とはいえ、小沢健二が肯定でも否定でもないコメントを寄せた平行世界を夢想します。

自分自身が伝えたいことを正確に文章にすることができる小沢健二を前にして、インタビューの機会を与えられた場合、何を聴けばいいかを考えてしまいます。「小沢健二の帰還」が発表され、余計にそう思うようになりました。

どんなことでも1つ質問できるとしたら、原盤権について聞きます。

「レコード会社は制作費を負担する代わりに原盤権を保持するのが通例だと思いますが、レコード会社とはどのように折り合いをつけているのでしょうか?」と。

小沢健二が「流動体について」をリリースするまでの空白の期間を、本書で書いてあるように、インディペンデントな立場で、自分自身でコントロールできたのは、(スタッフとの関係が堅牢でその可能性がなかったにせよ)安易なベストアルバムを勝手にリリースされることがなかったことも要因の一つであると思います。

PUNPEEが「MODERN TIMES」でネタにしていたように、原盤権を持っているレコード会社が決算前に年代順に並べただけのベストアルバムを勝手にリリースし、アーティストが怒るという事例は幾つもあります。宇多田ヒカルスピッツ、ミイラズ、クリープハイプ、、、。安室奈美恵さんのベストアルバム収録曲の大半が新しく録音し直されているのも、原盤権を保持していなかったためのようですし。

レコード会社が制作費を負担する代わりに原盤権を保持するのが通例とした場合、小沢健二がレコーディングした際の費用は誰が負担しているのでしょうか。レコード会社が負担してた場合、どのようにして小沢健二自身で原盤権を保持できたのでしょうか。

もう1つ質問できるなら、下世話ですが、どうやってJay-zのところまで辿り着けたのかを聞きます。

お金をいくら持っていたって30才前後の若者がするりと潜り込めるほどアメリカの社交界は気楽なものではないはずです。

読み終わって、こんなことを考えました。