読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に買って良かったもの

< MERCH BEST 5 >

宇野維正さんが「2016年の音楽シーンを一言であらわすと?」という質問に「”MERCH”」と答えていました(『WOWOWぷらすと」特集「2016年の音楽界を振り返り!~WOWOWぷらすと2016年総決算SP~」

「MERCH」といいうのは「merchandise」の略で、グッズのことです。

所有するTシャツの8割が音楽関係のものという程度に、ミュージシャンや映画のグッズを買うのが好きなので、16年も色々購入しました。

購入した中から良かったものを挙げます。

大半が売り切れになっていますが、アフィが入ってくるわけでもないし、このブログを読む奇特な方のことを気遣うつもりはありません。

  

Coloring Book Hoodie (Navy) $50

f:id:tabun-hayai:20170120101254p:plain

Chance the RapperのHoodieです。Chance the Rapperのサイトで注文しました。

11月下旬に購入した「AIR JAM×TOWER RECORDS KEEP GOING パーカー GRAY(XL 6,264円)は186cm/100kgの私にはピッタリすぎるサイズでしたが、Chanceのはゆったりと着用できました。

今週届いたYOUNG THUGのHOODIEもゆったり感があり、可能なら交互に着続けたいくらいです。

ChanceのHoodieの他に買ってよかったもの、愛用しているのは以下の4つです。

 

「1TIME4EVER BOMBER JACKET」(15,000円/KANDYTOWNのブルゾン)

AIR JAM×TOWER RECORDS KEEP GOING コーチJK NAVY (6,912円)

「AF Double Poket Tote」(3,200円/アナログフィッシュのトートバッグ)

「Chance 3 snapback」(35$/『Coloring Book』ジャケットの帽子)

 

服装が自由な職場なのでKANDYTOWNのブルゾンは外に出る際や通勤の時に着ていて、AIR JAMのコーチは職場内で着ていて、アナログフィッシュのトートは毎日持ち歩いています。

なのでChance the Rapperの帽子以外はほぼ毎日使用しています。Chanceのキャップは、最近になってNEW ERA製で多色展開されているのが売られるようになったから、そのうち買います。

フジロックcero×VIDEOTAPEMUSIC、Suchmos、D.A.N.のTシャツを買ったり、りんご音楽祭でOTOGIBANSHI’Sのキャップやタオル、やけのはらの栓抜きキーホルダーを買ったり、ROSE RECORDSの通販で「お土産DANCE TO YOU」を注文するついでにサニーデイ・サービスのノートを買ったり、OBKRが主宰する「Tokyo Recordings」のキャップを買ったりしました。

音楽関係ではないですが、イラストレーターであるノリタケのノートやペン、長場雄のペンやカレンダーも買いました。

買いすぎたかもと思うくらい買ってますが、The Weekndのポップアップショップに出かけられなかったのが心残りです。

あと、「Coloring Book」のポスター、注文を間違えたのか10枚届いてしまったのも良い思い出。

f:id:tabun-hayai:20170120101538j:plain

 

< 布団乾燥機 >

アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 【マット不要】 カラリエ パールホワイト FK-C1-WP

 

一昨年、2015年の夏から同居することになった妻は、寒くなったころから湯たんぽを使っていました。

年末に大山卓也さんのブログ『TAKUYA ONLINE』、12月28日付「毎日がぬくもり天国!布団乾燥機ニュージェネレーション」を読んで購入しました。

takuyaonline.hateblo.jp

Amazonで注文したので履歴を確認すると16年1月26日に発送されていました。

 

家に届いたのち、湯たんぽは覇権を失いました。15-16シーズン、そして16-17シーズンと、毎日乾燥機のスイッチを押しています。

買ってから1年たちますが、6ヶ月、180日くらい使っていることになってて驚いています。

大山さんは60分コース(「冬」)のようですが、妻は20分コース(「あたため」)を利用しています。

私自身は入浴後すぐに就寝するので平日は使っていないのですが、休日の日中に60分コースを使っています。

 

ありがとう、TAKUYA ONLINE!

 

布団乾燥機のエントリとあわせて、コーヒーメーカーとコーヒーミル、珪藻土バスマットも紹介していました。

どちらも買いたいと思いつつ、置き場所や必要性の高まりが見込めず、買うまでには至りませんでした。ずるずると買わずにいたら、コーヒーミル「ナイスカットミル」は16年4月に生産が終了していました。

とはいえ、コーヒーを淹れてもらえる職場環境が変更になったらコーヒーメーカーV60を買おうと思う。